人気ブログランキング |

shizuoka 外食カレンダー

gaisyoku.exblog.jp ブログトップ

タグ:~8000円 ( 4 ) タグの人気記事

東07 カ・ノーリ [東京・恵比寿]

この日の宿、ウェスティンホテル東京の正面エントランスから
小学校と日仏会館に挟まれた坂道の大通りを下って7~8分。

一歩路地を入ると「○○商店街」と大書きされた昭和なアーチ状看板や
銭湯のド派手なのれんが揺れているのなんか、下町そのもの。

高級イメージのある恵比寿といっても、意外と昔ながらの暮らしは残っているみたい。

街灯と自動販売機の青白い灯りだけでぼんやりと照らされている十字路の先に
ぽつんと佇んでる緑の外観。

■CA NORI カノーリ [イタリア料理]  
東京都渋谷区恵比寿1-33-8
03-3443-3780
f0106938_13345117.jpg
オープンカフェかケーキ店のような可愛らしさ。

店内はカウンター4席、二人掛けのテーブル席4つの12席とかなりこじんまり。
テラコッタ風の床に木の椅子とテーブル、壁には手書きの黒板メニュー。

コートは自分でハンガーに。
とってもシンプルで、飾らない空間。

でもかけられた真っ白いクロスは厚手で折り目もなくぴしっと、カトラリーレストも
使い込んではあるけどナイフもフォークもぴたっと置ける納まりのいいもの。

スタッフはキッチンとホールに一人づつ、
若い男性二人だけ。
f0106938_13351574.jpg
店の人から見られている感じがしなくて、これはこれでリラックスできそう♪

はじめてのお店はコースでお願いしたいところだけど、ここのメニューはアラカルトのみ。
前菜、パスタ、メイン、デザートがそれぞれ5~10種類。
イタリア料理で全品自分でチョイスするのって、かなり久しぶりかも。

メインはA氏希望の短角牛ステーキと決めていたので、これに前菜とパスタをひとつづつ。
あとは気分で追加しようかな♪

ささっ、自家製ジンジャーエールとスプマンテで乾杯!
f0106938_1446487.jpg
ジンジャーエール、しょうが絞りました~感のあるピリ辛さ。
キリリとフレッシュな風味がおいしい♪

自家製パンは全粒粉ロールとフォカッチャ。
フォカッチャは塩気とオリーブオイルがすごく効いてる!

ここまではっきり塩&オイルを感じたフォカッチャ、はじめてかも。
でもね、これがおいしい。お酒がすすむおいしさ。。

f0106938_13361843.jpg
あー、なんで赤ワインにしなかったんだろ。。

全粒粉ロールも底がパリっと、伸びた中が柔らかくしっとりと。
甘みではなくきちんと小麦の香ばしさと風味が出ている。
わー、期待大だなぁ~ぁぁ♪

やってきました、前菜盛合せ。
f0106938_13364068.jpg
オートミールっぽいリゾットやトリッパの煮込みなど。特に料理の説明はないみたい。
生ハムがけっこう厚切り。
だからとろける感じはしないけど、肉らしい旨みがある。

…知らぬ間にテーブル席はいっぱい。

バースデイを祝っている20代後半のカップル、
会社帰りに待ち合わせしたらしい50代のご夫婦、
お互い企業の経営者らしい40代男性と30代女性の二人連れ。

席の間が身体を横にしないとすり抜けられないほど狭く、BGMも流れていないので
自分たちの会話が途切れる度、どうしても周囲の会話が耳に入ってきてしまう。

でもこれも東京らしさのひとつだよね。
店の狭さは承知の上、でもどうしてもここの料理を相手に食べさせたくて誘って来ている、
…感じがしたから(笑)

どのテーブルもどんどんワインを追加。
そうだよね、この味ならワインおいしいよ。
ネルもお酒が強ければ、もっと楽しみ広がるのになぁぁ。

続いてパスタ、「ガルガネッリ・仔牛肉のボローニャ ラグー」。
ギザギザで丸まったショートパスタ、ガルガネッリはシェフの手打ち。
f0106938_13365289.jpg
すごく噛み応えがあって、芯が残りそうで残らない限界の硬さに茹で上がってる。
むちむちっというよりは、もりもりっと噛み戻されるぐらい(笑)

ボローニャはイタリアの地方、ラグーはいわゆる挽肉。
またこれが丁寧に包丁で刻んだような、もりもりとした大粒ビーフで。

じっくり柔らかく煮込まれたすねや肩肉の繊維がホロホロと崩れて
しっかり粒コショウが効いた後からシンプルな牛肉の風味が追いかけてくる。

肉を攻略しながらパスタを食べ、また肉を口に運んで…。
肉とパスタは対等か、どっちかというと肉の方が存在感あるような。。

そうこうしてるうちに
「短角牛のリブロース 炭火焼」

ハイ、どぉぉーーーーーーーーーーーーん!!!
f0106938_1474215.jpg
アハ、思わず笑っちゃった
このド迫力!
片手を思い切り広げたぐらい、大きいヨ…

う~ん、厚さもなかなか
重さを尋ねると「だいたい350gです」とホールのお兄さん。
A氏の顔、ウレシさのあまり崩れてる(笑)。

この店はメインに魚はなくて肉のみで勝負。
他に選べるのは 白金豚Tボーン、骨付き仔羊ロース、骨付き伊達鶏。
白金豚も食べたかったけど、コレにしてよかった~

いよいよ、短角牛♪
サシの脂肪ではなく赤身のおいしさで近年注目の国産牛らしい。
そうそう、ネルは伊豆牛以来赤身好き~って、短角牛ってどんなのかな?
f0106938_1421627.jpg
塊肉を炭火でじっくり焙っているから外はカリっ、中はふんわり柔らかなピンク。
すっすっとナイフが入っていく。

噛みしめてすりつぶして、じんわり旨みが広がってくる。
レモンを絞って、もう一口。
ウハー、肉デス肉ゥ~♪

サシたっぷりの高級和牛の甘い、とろける、柔らかい…とは全くちがう、赤身肉の世界。
でも外国産牛のようなイヤな後味やアクはない。
肉汁も不必要に出てこない。身がつまってる。

外側に少しだけついた脂身を適量すくって一緒に食べると
ふんわりフルーティーな脂の甘さがまた赤身を引き立ててくれる。

これは間違いなく重め赤ワインだったーー。。
ハァァ。。

付け合せの炭火焼の筍は、別注文で。
穂先にすっと、真ん中も同じく繊維を断ってするりとナイフが入る。新鮮なんだと思う。

食べようとしたら鼻先に花の香が~ふわぁぁ~~
オリーブオイルの香り?筍の香り?ナンダなんだ??

食べたらナゼかトウモロコシの甘さ♪
わぁぁぁ、おいしいなあ~。。。

…うーーん、すごいなあぁ
当り前のことなんだろうけど、やっぱり東京だとこういう指向性のはっきりした店があって
きちんと支持されるのだ。

食べ疲れる寸前の噛み応え、しょっぱい寸前の塩と胡椒とオイル。
でもきちんとバランスがとれていて、ひとくちまたひとくちと食べたくなる。
自分が今何を噛んで食べてるのか、直球で実体を感じられる料理。

筍のおいしさに釣られて、有機野菜を使った「炭火焼 野菜盛合せ」を追加。
f0106938_13373698.jpg
赤パプリカ、ジャガイモ、サトイモ、ズッキーニ、筍、かぼちゃ、ナス…
わっ、このボリューム。メインの前に頼むべきだったか。。

炭火焼といってもほとんど揚げ焼きに近い位、オリーブオイルがまぶされてる。
ナスの皮は揚げ物位完全にパリッと。
オリーブオイルに浸しながら焼いてるのだろうか。

ズッキーニもこんな風にして食べたのはじめてだけど、おいしい♪
元の野菜がしっかりしてるのだろうけど、最近流行のヘンに甘い野菜じゃないとこがいい。

もう少しお腹に余裕があれば、パスタもう一品と赤ワインも頼みたかったなぁ。

店の雰囲気からすればやや高くも感じるけど、その分客層も落ち着いて
食を楽しみたい大人が集まるの空間であることは見逃せないはず。

ワインの値段はたしかグラス700円~、ボトルも3000円代~と良心的。
レベルの高い味なのに、気取らずカジュアルに
アラカルトで好きな料理だけたっぷり食べられる。

東京って、やっぱり深いな。。

<今日のお会計>
11700円・2名・サなし/コペルト500円×2、前菜盛合わせ1850円
               ガルガネッリ・仔牛肉のボローニャ ラグー1700円
               炭火焼・短角牛リブロース4100円、付け合わせ筍350円
               炭火焼・野菜盛合わせ1500円
               自家製ジンジャーエール500円、スプマンテ700円

<店を出て>
ネル:★★★☆☆/質実剛健、気取らず男らしい贅沢
    カップルでも男同士でも、食の好みを分かった相手と訪問すると最高に楽しめそう。
    体調を整えてオイルや香辛料の濃さもガンガン豪快にワインと肉料理を味わいたい。
    お手頃とはいえないけれど、恵比寿に行くときあればまた行ってみたい。    
  
A氏:★★★★☆/アハッ、ウマイ♪
    店の人に構われないし、カウンターもあるし。男一人でも行けそうな雰囲気。
    肉メインでおいしかったし、内容からしたらパスタもステーキも高くないと思う。
    味が濃いのも俺は良かった。気に入ったよ~
_    
by gaisyoku_calendar | 2009-02-27 13:32 | 旅先_東京・横浜の[が]

045 府中庵 待月楼 [静岡・黒金町]

今日は年長者のみなさんとご会食~。

御歳70代、60代、40代のメンバーの中にただ一人30代のネル。
やや緊張しながらも、場所は静岡駅の専門店街
「アスティ」のなか、と聞いて少し気負いもやわらぐ。

といっても店名の通り、丸子にある東海道名物「とろろ汁」が有名な
老舗料亭「待月楼」の系列らしい。
f0106938_1365391.jpg

待ち合わせ30分前に余裕を持って到着♪
店の前のメニューには、手軽なセットメニューが多数。
自然薯を使った一品料理も1000円以下でいろいろあるらしい。

10分前、5分前になっても誰も来ない。
館内を一周して戻ってきて2分前。なのに、まだ誰もいない、、

もしや・・・と思い店内を覗くと、
や~みなさん既に勢ぞろい、オーダーも完了してるじゃないですか!!

■府中庵 待月楼 [自然薯・日本料理]
静岡市葵区黒金町46-1 アスティ静岡西館
054-287-1231

ヤバイ、一番の下っ端が出遅れてしまった、
と思いつつ席につくと誰もそんなことは気にしていない様子。

どうやらコースでは頼まず、すべて単品をオーダーしたらしい。
あと何を追加すればいいのか、口々に意見を言い合っている。。
ナンダ、良かった。。

店内は上品な蕎麦屋といった白木の空間。
仲居さんは着物姿のプロっぽい方ばかり。
ネルたちは御簾に仕切られたテーブル席だが、奥にはお座敷もあるらしい。


一品目は「塩煎りぎんなん」。
塩煎りされた大粒の銀杏が、粗塩の上に盛って出される。

この一粒が大きい!親指の先ほどあって、
実の色はマスカットグリーンを濃くした感じ。

堅い殻を割って食べると、香ばしくて甘く、いやな臭みが全くない。
全員手が止まらずむしゃむしゃ食べ続ける。

「飛竜頭の炊き合わせ」、「野菜サラダ」と続く。

サラダのトマト、アスパラ、何味ともいえない和風ドレッシングがやたらにおいしい。
素材自体に力と鮮度があって、当たりがやわらかなのに直球でおいしい味だ。

やっとここで、あぁここはホントに
料亭の素材と味の店なんだと気づく。

そういえば壁に貼られた「今日のおすすめ」には値段が書いていない。
今日の主催者さんはメニューブックには目もくれず、
おすすめだけでガンガン豪快にオーダーしてる。

たぶんメニューブックは値段が書いてあるんだろうけど
それには興味がないらしい。


鮑を模した大皿に氷を敷き詰めて登場したのは4種の「造里盛り合わせ」。

鯖・鰹・生しらす・大間の本鮪。
どの身も厚く大きく切られ、皮には細かく隠し包丁が入っている。
鰹は脂がのって、マグロのよう。

うすいピンクがきれいな大間の本鮪は、しつこくない脂でなめらかな舌触り。
ネルは皆さんに遠慮して、ひと切れだけ。
う~ん、でも確かにおいしい。

生シラスは結構な量。生カキの器の底までたっぷり、ぎっしり入ってる。
穂紫蘇や茗荷、青海苔や山葵もたっぷりあって、どんどん箸が進む。

f0106938_137424.jpg
「鱧きゅう」「太刀魚の焼物」

に続いて30cmはありそうな朴葉に乗った「駿河牛の朴葉味噌焼き」。

なんと、コレがフレッシュ朴葉&炭火&木のコンロで登場!
今まで見てきた朴葉って、完全に乾ききってバリバだったけど
これはたった何日か前に拾い集めてきた葉を今水洗いしてだしてくれたように、葉脈や茎まで瑞々しい。
f0106938_138109.jpg

プラス炭火の小さな火と暖かさと香り、木のコンロの懐かしい匂い。
朴葉の香り、甘い味噌の香りが絡まって。

うすい煙といっしょに、ふわぁ~~とお肉と味噌が焼けた香りが漂ってくる。
「うわぁぁ~~いい香りだぁぁぁ~(ここは駅ナカなのに・・・)」

あぁ~~、そうだそうだ、
おいしい店の贅沢は、臨場感と香りにあるんだなぁ~~と再認識。

脂が炭火に落ちて濃い煙が立つと、仲居さんがすぐに気づいて炭を交換してくれる。
やっぱりこの辺の気づきはサスガ。
でもお皿を引くタイミングが遅いかな~。これはネルたちの食べるスピードが速すぎるから??

「たらの白子焼き」もコンロに乗って登場。
f0106938_1383192.jpg
気持ち悪いようなおいしいような?? しかも量がたっぷり。。
はじめて食べたネル、やっぱり好きにはなれないかも。。

「蒸し鮑」と「駿河牛のステーキ」。

この「蒸し鮑」、目の悪いネルには表面に薄いコンブが載ってるように
見えちゃったんだけど、これが本物の苔むした?深~いモスグリーン色だった。

乳白色の身の表面はモスグリーン色、深海にずっと住んでましたよ~
って雰囲気満点。肝を表面に塗ってるのかも、とはA氏の意見。

しかも噛むと柔らかいのにサクッと歯が入って、初めての食感!
味もまろやかで優しく、思わず「へぇ~」と声にだしてしまう。

主催者様から、鮑は大崩の石部のがいいよ、とプチ情報。
といってもほとんど収穫高はなく、滅多に手に入らないそう。

今回初耳だった「駿河牛」、聞くと磐田産の牛肉らしい。
だったらネーミングは「遠江牛」がいいんじゃないのかな?
お味は伊豆牛の方が好みかも。

f0106938_138517.jpg
やっと出てきたメインの「とろろ汁」、麦飯がぷりぷりしてておいしいけど
もうお腹いっぱいで味がよく分からない。。

f0106938_139454.jpg
〆は「とろろアイスクリーム」。
とろろにほんの小さな自然薯のダイスが入っている。
豆乳アイスクリームに近い、懐かしいような甘味。

今日はとろろなカジュアル気分?で来たのに
思いがけない贅沢素材に意表をつかれっぱなし。
心残りがあるなら出汁がメインの一品が食べられなかった位かも。

やっぱり知ってる人は知ってるんだな。。と改めて主催者様に感謝したネル。
おいしゅうございました!

<今日のお会計>
 4万8000円位・5名/塩煎りぎんなん、飛竜頭の炊き合わせ、野菜サラダ、鱧きゅう
               4種造里盛り合わせ、太刀魚の焼物、駿河牛の朴葉味噌焼き
               たらの白子焼き、蒸し鮑、駿河牛ステーキ
               とろろご飯(香の物、味噌汁付)、とろろアイス
               竹酒、生ビール、ウーロン茶

<店を出て>
ネル:★★★★☆/料亭の味を駅ナカで!
     人の出入りが激しかったり電車の揺れが気になったりはするけど、
     これ位の味が駅で食べられるなら、知っていてソンはないハズ。
     値段も素材を考えたら妥当かな。でもジバラならお昼しか来れない!
    
A氏:★★★★☆/油断してた     
     この店があったの知らなかった。
     おいしい店でも気取ってたりこっちが気を使うのは嫌だから、便利だね。
     一番のお気に入りは朴葉味噌焼きかな。
by gaisyoku_calendar | 2007-10-07 01:35 | 静岡街中の[が]

018 旬の魚菜 辻  [静岡・常磐町]

今日は飲みまっせ~~って日の夜ごはん、は。
静岡繁華街のど真ん中、パレスビルの一階いちばん奥にある「辻」に決定♪

f0106938_0334781.jpg
■旬の魚菜 辻  [和食・割烹]
静岡市葵区常磐町1-5-4 パレスビル1F
054-221-7732

カウンター6席、座敷4部屋とこじんまりした店内。
後ろの座敷は襖をはずした大部屋にして、宴会の真っ最中。
や~、かなり盛り上がってマス。


席はカウンターの真ん中2席。
折敷の上にはお猪口と店名の刻印された割箸がセットされている。

カウンター越しの景色はそのままステンレスの調理場。
グレーの天板のカウンターも、どちらかといえば味気ない。
これといった書画や花もなく、あっさりとした空間。

店主と若い衆の二人が素早く動き回っている。
ホールの女性は私服にエプロンと気取りのない格好だ。

まずはビールで乾☆杯~~
はぁあああ~
仕事が終わってすぐお酒が飲めてゴハンが食べれるのって、有難いなぁ~

今日は5000円のコース。
まずは先付が二品。
「鯛のにこごり」と「胡麻豆腐」。

f0106938_0241010.jpg

これがなかなか。
「鯛のにこごり」、ぷりっとしたにこごりの出汁と
蒸したようなほっくり柔らかな鯛の身がぴったり。
印象深いにこごりっていうのも珍しい。
このにこごり、A氏のハートをガッチリ掴んだ模様(笑。

「胡麻豆腐」にのったウニは甘く粒ぞろい、炊いた黒豆もさりげなく優しい味わい。
きちんと手間をかけた、この店の方針が伝わってくるよう。
カウンターの仕切りが高くて、手元の様子が眺められないのが余計残念だなぁ。

お造里は小ぶりながらたっぷり脂がのった、かつお。
茗荷や赤玉葱、胡瓜&人参など小ぶりのケンが3種類。
かつおには山かけがさっとかかっている。和の薬味系☆LOVEなネルにはウレシイ限り。

「バッテラ 奈良漬のせ」
「鰆西京焼」
「鶏団子の椀物」
と順調に。
どれも重すぎず、きちんと味わいながらするっと納まるものばかり。
f0106938_025351.jpg

全体お早めなネル達にあわせて、タイミングよくどんどん料理が運ばれてくる。

後ろの15人超の団体さん、隣に来たサラリーマン二人組も考えると、
これは予想以上のスピード。
きちんと手のかかった料理でこのタイミング。や~ウレシイなあ。

揚物の「もろこししんじょう」。
しんじょうは魚のすり身をまとめて蒸したり揚げたりしたものらしい。
レモンでも塩でもいける。柔らかくって甘くて、これオイシイんだよね~。
A氏の分も横取りっ♪

あっという間に食事。
「茶漬け」は三つ葉、あられ、細切昆布、海苔と出汁を味わうあっさり仕立て。
自家製らしい漬物もほっとする味。

デザートの夏みかんゼリー。
たぶんこれも自家製。
鰆にはオレンジゼリーのような箸休めが添えられていたし、ここは寒天で寄せる料理が得意なよう。
確かにこれもモチっと、ぷりっといい感じ。

コース全体重すぎず、優しくちょっと懐かしいようなトーン。
それでいてきちんと満足感は残る。
もうひとつ上のコースを頼めば、もっと旬が感じられる食材が揃いそう。

店を出た後は、人宿町のBAR→常磐町のBARと 予定通りの巡回コース(笑。
ビール→ウィスキー→カクテル→ウィスキーとヘンな飲み方。
でも久しぶりだから、まっ、いっか♪

やっぱり街中でゴハン食べて、気軽に飲む日って必要だな~

え~~、この日帰って寝たのは3時過ぎでした。
(もちろん化粧落とさず寝ましたよ。。。)

<今日のお会計>
12900円・2人/コース5000円×2名
          生ビール3杯、ウーロン茶1杯

<店を出て>
ネル:★★★☆☆/気心の知れた人と、構えずおいしい和食を頂く店
    店主との会話が必要でもなく、気張らず自分のペースで食事が楽しめる。
    華やかな雰囲気ではないけれど、立地も含め内容重視派にはより満足度高そう。

A氏:★★★★☆/次は上のコースで
    味付けが自分の好みで驚いた。
    店の人の雰囲気もいいし、居心地がいい。
    名物らしい鯛の塩釜、会社の人間と来たとき食べてみよっかな。
_    
by gaisyoku_calendar | 2006-06-14 00:28 | 静岡街中の[が]

012 旬菜遊膳 あつみ  [静岡・鷹匠]

ここ数年静岡で最も予約の取りづらい店の一つの、「あつみ」。
木・金の夕方電話してもあえなく撃沈、今回やっと曜日をずらしての初訪問♪

f0106938_173856.jpg
■旬菜遊膳 あつみ [和食・割烹]
静岡市葵区鷹匠1-2-8
054-272-5100


新静岡センターから歩いて数分。
大きなガラスのはまった引き戸、提灯の灯り。
季節の生け花と品のいい店構えが出迎えてくれる。

店内はL字のカウンターと座敷が2つ。
6時過ぎの入店にもかかわらず、そこそこの賑わい。
客層は30代以上の女性やカップルが中心。


本日のおすすめを眺めつつも、気持ちは「コース 4200円」へ…。
予約時伝えてないのにどうかな~~、思い切って聞いてみると、なんとOK!
何となく申し訳なさも手伝って、鮑の磯焼きと国産和牛の炭焼きもメインに追加♪

先付は既に出ていたので、枝豆のすり流しからスタート。
具材は海老と、持つと重いぐらいのぽってりした白玉団子。
とろんと重めの口当たりで、ボリュームたっぷり。

静岡のお店ですり流しからスタートするコースって、あんまりないなぁ。
ふんふん。
お造里、八寸、焼物、揚物、温物と順調に。

お造里のあとで八寸がでてきたのはちょっと驚き。
ナルホド、この辺がこの店オリジナルの考え方なのかも。
6品位が品良く盛り付けられている。

メインの鮑の磯焼き、青海苔の風味がいい~。
片手以上ある鮑、涼しいワタの苦さで箸が進む。
f0106938_0502011.jpg

和牛の炭焼き、これが少なめなんだけど絶品!
さっくり爽やかに甘いお肉。周りはカリッと、焼き加減もピタッと決まってる。
もっと食べたかった~。。

あれから団体さん、女性二人連れも続々入ってきて、店内ほぼ満席。
にもかかわらず、どうやら20名近くの料理を一人で全てをこなしてる大将。

この大将、とにかく動きがめちゃくちゃ機敏!!
造里も焼きも揚げも、すべて大将一人で。ネルの見てる前でクルクルず~っと動きっぱなし。
しかもずっと笑顔。ただ目付きはスルドク、お客さんを観察してる。

お客さんに声をかけ挨拶し、スタッフに指示を出し、ついでに電話もとっちゃう大将。
手が空けばネルたちの席に配膳までしちゃう超人業!
このぐらいの内容を出す店で、料理人が一人ってほんと驚異的。

あれっ。何の気なしに見てると、帽子の横にピッと立った長楊枝。
これ大将のトレードマークなのかな。
なんかやんちゃな感じでカワイイけど(笑)。
f0106938_0512244.jpg

コースの〆はしらすご飯・味噌汁・香の物。
そして豆腐ブランマンジェのような和風デザート。

あ~~、ホントにお腹いっぱいだあぁ…。
ネルなら初夏を意識した、もう少し涼しめのコース構成でもよかったけどな。
f0106938_0584158.jpg
店内のインテリア、控えめで品良く居心地がいい。
落としぎみの照明、十分に奥行きのあるゆったりしたカウンター。
女性を意識したデザート&酒メニュー。

フツウにオーダーすれば、2名で1万円あれば十分満足できそう。
街中から離れた鷹匠という立地も雰囲気十分。
こんな店にさりげなく誘えたら、男性の株も上がる…カナ?


<今日のお会計>
15600円・2人/今月のコース×2名、鮑の磯焼き、国産和牛の炭焼き
          生ビール、焼酎、柚子カクテル×各1杯

<店を出て>
ネル:★★★☆☆/予約の入りづらい店、はまだまだ続きそう
    や~、ボリュームいっぱい過ぎたぁ。次はアラカルトにしよ。
    スタッフの方の細かな動き、笑顔、気遣いは静岡で間違いなくトップクラス。
    大将の動きも見てて楽しい♪人気店なのも深く納得。

A氏:★★★★☆/もう一度行きたくなる、貴重な和食店
    静岡では珍しくきちんと行き届いた、総合点の高い店。
    和食は量が少ない、と思ってる人にも満足してもらえるかな。
    予約が取りづらいのが難点か。
    
by gaisyoku_calendar | 2006-05-23 00:53 | 静岡街中の[が]
line

静岡在住30代・ネルの       静岡・京都・東京食べ歩き


by gaisyoku_calendar
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31