shizuoka 外食カレンダー

gaisyoku.exblog.jp ブログトップ

タグ:ホテル・旅館 ( 31 ) タグの人気記事

宿03-2  二回目のVIALA箱根翡翠 [箱根・仙石原]

3年前に泊まって以来、いつかもう一度…と思っていた
「VIALA箱根翡翠」。

なかなか同じ宿に再訪しないネルが3年も忘れないなんて、
相当に気に入っている証拠。

それがついに念願かなって再び訪れることができました♪

f0106938_0454911.jpg
■VIALA 箱根翡翠 [会員制温泉リゾートホテル]
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原837
0460-84-3300

前回泊まったのは専用露天風呂付きのデラックスルーム。
なかでも早川の見えるデッキテラスに露天風呂がついたタイプのデラックスルームが気に入って、
予約時にぜひ以前と同じタイプの部屋を、とリクエスト。

ただこの1階で早川ロケーションのデラックスルームは数が少なく、同カテゴリの中でも人気があるようで
予約時も「何とか押さえてみます」的なコメントだったので心配してたのですが…

当日アサインされてみると偶然なのか、
何とタイプはもちろん部屋番号まで前回とまったく同じ部屋!


 わぁーーー、ヨカッタ!

 安心したぁぁ…♪


一般的に部屋付きの露天風呂といっても建物内の窓から景色が見えるだけの半露天だったり
ベランダに無理やりポンと浴槽を置いただけ、みたいな風情に欠ける露天風呂も多いなか

箱根翡翠のこの専用露天風呂付きデラックスルームは高層階でなくきちんと地上1階。
f0106938_0464652.jpg

土と木のある専用庭と借景の緑をゆったり湯船に身を任せながら自然な目線で眺められる、
誰でもが想像する露天風呂らしい正統派の位置関係。

f0106938_0474627.jpg
湯船は大人二人でも余裕の広さ。
もちろん屋根があるので荒天時もOK。
しかも床暖房つきの洗い場は露天と繋がっていながら独立した機能的な造りで、箱根の厳しい寒さでもあったか快適。

f0106938_048664.jpg
そして一番大事な浴槽。
基本は石造りながら手や頭をもたせかける縁周りを幅広の木で囲い、冷たさや硬さを軽減。
付属の手すりや浴槽内のステップで安全安心にも配慮した設計。

もちろん料金を出せばもっとステキな部屋付き露天風呂は山ほどあるだろうけど
それでもホントこの部屋の露天、かなりイイ線いってると思う。

ただ湯船に引かれた温泉は加水されているし、湯温の調整には水を足すことになるので
更に温泉が薄まることになり温泉ファンの方には物足りないかも。


でもネルには十分、十分♪
もったいないぐらい♪

泉質は大浴場で箱根らしい、かすかな硫黄臭の白濁の湯をた~っぷり楽しめるもんね。


ウン、それに約64平米の部屋は相変わらず広々として気持ちいいし、清掃も行き届いて気分がいい。
f0106938_0483091.jpg
シックでシンプルなインテリアと間接照明がゆったりとリラックスに誘ってくれる。
お気に入りのシモンズのデイベッドもBOSEのスピーカーも、
変わらずいい状態でメンテナンスされているのがうれしい。

f0106938_0485578.jpg
引き戸で間仕切られたベッドルームからリビング越しに緑を眺められるのが、またいい気分♪
これも見えているのが他の部屋のようにホテル内の景色ではない故の開放感からなんだと思う。


それに忘れられないお気に入りが、
もうひとつ。

それは大浴場に続く、この木の廊下!

でこぼこと凹凸のある板張りの床はまっすぐすらっと伸びて、大浴場奥の休憩所までずずずいっと続いている。

f0106938_049193.jpg

湯上りに素足で歩けることの気持ちよさ、清々しさがいかにネルにとって大切か。
この箱根翡翠の廊下で開眼したといっても過言ではありません(笑)。

f0106938_0494781.jpg
「 楢の木を [なぐり彫り] に仕上げた床の感触をお楽しみいただけます」の言葉通り、
さらさらっとした踏み心地、旅路で疲れた足裏に気持ちいい凹凸に適度な堅さがあって、ここもほっこり床暖房完備。

もう、なんというパーフェクトな床なんだ(笑)!!


うーーん、この思い切りよく手間ヒマ&ランニングコストもかけた、さりげなく行き届いた快適さこそ
決して自宅ではマネできない、高級リゾートホテルならではの贅沢さだよな、、、
と唸らずにいられません。


ちなみに前回と違ったのはルームチャージが開業当初の1万6800円から
1万8900円に値上がりしていたこと。

あとはかなりハイセンスを目指していたに違いないショップが
温泉旅館によくあるマダム向けのピンク色ベースのおみやげ品が増えて
ぐぐっっと身近な雰囲気になっていたことぐらいかな(笑)。


この箱根翡翠も去年行った沖縄のカフーリゾートも、
どちらもオーナー制度で客室の分譲販売を前提としたシステム。

やっぱり経営が安定したところにこそ魅力的なハードもソフトも成立するとしかいえないのだろうけど
それしか正解はない、と言い切ってしまっては寂しい気も。

長いモノに巻かれるのはもう少し年取ってからにしたいしネ。

あぁ、そうはいっても箱根翡翠もカフーリゾートも、
また行きたくなっちゃうんだろうな。。。
[PR]
by gaisyoku_calendar | 2012-03-09 00:51 | 旅先_箱根の[が]

宿14-2 伊豆の小さな宿_客室・朝食

遅くなりましたが続きを…


翌日も残念、雨模様。
硬いベッドで身体が痛くて、早朝5時過ぎに起床(笑)。
f0106938_017487.jpg

早朝からもう一度貸切風呂へ。

湯船から眺める薄靄の平らな丘は、やっぱり何だか心が落ち着く。
ここで朝富士がみられたらなぁ。。。

珍しくつけたテレビで朝のワイドショーを見ながら手持ち無沙汰の時間を過ごす。


 ふ~、やっと朝ごはんだ!!

f0106938_0172392.jpg

ロビーから見る眺めは激しい雨で靄がかって昨日以上に真っ白。

気温も上がらず石油ストーブに火が入っている。

f0106938_0173718.jpg

何とかテラスに出てみたいと覗いてみるも、雨粒の砕け散る音が聞こえそうなほどの大雨。

 ウン、仕方ない。。
 ここの眺めは次回、次回…

f0106938_0175265.jpg

ダイニングテーブルには朝食用のボウルやコーヒーカップがセット済み。

夜と違ってテラスから望む海と空と緑が
間近で眺められるのが気持ちいい。
f0106938_018435.jpg
朝食は洋食。
トーストにバターとジャム、トマトの乗ったグリーンサラダ。

それとスクランブルエッグにベーコン、マッシュポテト、温野菜。

これがフィンランドの陶器ブランド・アラビアの、
見たこともない大振りのスクエアプレートに載って出されてくる。


  うわ、このプレートに載ってるだけで
  普通の朝食が2ランクグレードアップして見えるよ!!


我が家もアラビアの24hブルーをほぼ毎日愛用中…
気づかずにはいられません!!

はしたないとは思いつつプレートを裏返して見ても、そこは素人の哀しさ、
どのシリーズの何という種類のプレートなのか皆目検討もつかず。。

テーブルに置かれゴトッ、と重くずしりと響く朝食使いにあるまじき迫力も、
その深いようでいて暖かいチョコレート色の、ざらっとしながらつるっとした?
独特の質感がなんとも目を逸らしがたい魅力。

 あぁ~、思い切ってオーナーに何のシリーズか聞けばよかったぁ。。。

f0106938_0181982.jpg

若草色のスープは枝豆のスープ。
熱々で濃い。
うん、ガリガリしたクルトンが効いてる。

どれも手作り感いっぱい。
ホント友人の別荘にお邪魔した3日目の軽めの朝食?って感じかな。

ネルもA氏もまだまだ食べれますよ、って顔してた(笑)。

f0106938_0182895.jpg

二匹のワンワンは元気いっぱい。
外に出られたら一緒に散歩してくれそうなぐらい尻尾を振って後を突いてくる。


 また今度、来るからね♪


チェックアウトは10時。
奥様のお見送りをいただきながら丘を海へ下って帰路に。


不思議な時間の流れている宿でした。

次はいつ行こうかな。
ウン、思いっきり晴れてる日がいいな!
[PR]
by gaisyoku_calendar | 2012-01-18 00:19 | 旅先_伊豆の[が]

宿14-1 伊豆の小さな宿_館内・客室 [西伊豆・土肥]

やはり昨年の秋のことですが
いつか泊まってみたいナ、と思っていた西伊豆の小さな宿に行ってきました♪

…と
ここまではよかったのですが。。

ここ5年ほどほぼ完全無敗!を誇ってきたネルたちの旅のお天気。

ですが。

バケツをひっくり返したような、の形容詞そのままの超本気などしゃぶり大雨が
朝から晩まで旅行のあいだ丸二日中!!!


土肥の小高い丘の上に建つこの宿、
晴れていれば富士山はもちろん、駿河湾や南アルプスを一望できる大パノラマが自慢なのですが
それも大雨のため辺り一帯もやがかり見渡す限り真っ白。

 はぁ、残念。。。

それに加えて厳しい寒さ。
まだ11月だというのにダウンジャケットを羽織ってもまだ足りないくらい。


ウーン、でもね。
ま、ま、ここは気を取り直して!

これまでの見事な天気運に感謝しつつ
本日からまた5年先までの晴天を、先に総括したと思って。


 …ですよね!!

 … … … … … … … … … … … … … … … 

地元の人しか通らないだろう、クルマ一台がやっと通れるか細い里の道を
くねくねと曲がりくねって丘の上へ上へと登りながら、やっと到着。

オーナーの奥様に迎えられて館内へ。
f0106938_1542486.jpg
ロビーにはシュンシュンと湯気を立てる白いポットの乗った石油ストーブ。
チラチラと赤い火がゆらめき、その独特の甘いような懐かしい匂いが鼻にくすぐったい。

テラスの大きな窓に張り付いた白い水滴と、
その先に広がる分厚く薄暗い雲。

ロビーはまるで真冬の昼日中ような気配。

f0106938_1495897.jpg

  「 ホント、急に寒くなりましたね。

    急すぎて薪ストーブはまだ薪の用意ができてなくて… 」


いえいえ、石油ストーブもステキです♪

建物全体は地中海風と言ってしまって合っているのか、

ヨーロッパの天然石やタイル、白い漆喰や重量感のある無塗装の木といった
自然素材でどこも統一されている。

特徴的なアールのついた壁や柱、片流れの天井、石張りの床。
照明は小さなペンダントライトやフロアライトのみ。

インテリアはアンティークの雰囲気のあるアイアンや布、陶器や家具ばかり。
小さな雑貨や本がずっと前からそこにあったようにディスプレイされている。

f0106938_138272.jpg
たくさんある窓はどれも木枠のよう。
明り採りのごく小さな正方形だったり、フィックスのガラス窓は大きな横長、
テラスに続くのはパノラマサイズの超大型が何枚も。

借景にあわせた様々なサイズの窓で、
自由に外の自然と繋がっている。


 あぁ、晴れていればあの西伊豆の夕陽が
 最高のシチュエーションで見れただろうにナ…


ロビー探検もひと通り終了。

二匹いるマスコット犬のミックスとポインターともしっかり戯れて。
ものすごく人懐っこくてびっくり。
ちゃんと待て、ができるのがいじらしい♪


アールを描く白い漆喰と石の階段を上がって
二階のゲストルームへ。
f0106938_138405.jpg
ゲストルームは3部屋のみ。
今日の宿泊はネルたちだけ、と聞かされる。

もともと別荘感覚でゆっくり過ごすことがテーマの宿だけど、
宿泊者が自分たちだけなら、それはもう、なおのこと(喜)。


 ウン、今回は天気じゃなくてこっちの運だったかな…♪


通されたのは一番奥。
L字型でバルコニーが2つ付いた明るい部屋。
f0106938_1385477.jpg
ゲストルームも板張りの床に白い漆喰の壁。
窓ガラスは木枠のものとサッシを併用している場所も。

設備といえばごく小さなテレビにチェアとテーブルのセット。
それに木の台のベッドと学生用アパートのようなユニットバスがついている位かな。

どれも質素で控えめなモノばかりだけれど
質感が揃っているから雰囲気は十分でている。


白いデッキチェアの置かれた小さなバルコニーからは
伊豆の海が一望!
f0106938_139731.jpg

 夕陽が落ちたらきれいだろうなぁ。。

 あぁ~、これで天気さえ良かったら。。。


この宿、建物やインテリアはオーベルジュのような雰囲気だけれどジャンル的にはほぼ民宿。
ナイトウェアの準備はあるけど有料、ハブラシやタオル程度はアリ、ってくらい。

恐らく旅行サイト等にも一切登録していない気がする。
オーナーご夫婦の目の届く範囲で自由に、ゆとりを持って毎日を過ごしていきたい、
って雰囲気がそこかしこに漂っている。


別にある家族風呂は温泉ではない(残念!)のだけど
24時間いつでも貸切可能。

今回の宿泊者はネルたちだけだから…、
つまり今回の滞在中はオール貸切に♪
f0106938_1391971.jpg
このお風呂、浴槽の中に階段状の部分があって、実に入りやすい!
深すぎず浅すぎず、肩の下くらいの深さが浴槽の広さとバランスが取れてちょうどいい。。

それに偶然なのかもしれないけど、この浴槽の台形の形状が
外の景色を眺めるのに寄りかかってポジション取り?するのにやたら具合がいい。。

 ふーーー、落ち着くなぁ。。

大きな窓からは農道や棚田、山野草や手付かずの雑木林がずっと遠くまで見える。
近くには小さな丘や池が続く散歩道があるらしい。

 あれ、でも調子に乗ってずっと入ってたら、
 かなりぬるくなってきたぞ。。

といっても温度調節できるようなお湯の蛇口はなく、
がぼがぼと出続けている石の湯口に手を当ててみると
なるほど、コレはぬるいヨ(笑)!

今日の突然の寒さで湯温下がっちゃったのかな…。

もっと入っていたかけど、これ以上浸かっているとカゼ引きそうだし
かといってオーナーさんに湯温上げてほしいってお願いするのも気が引けるしな…
ってことで早々に入浴は終了。

部屋に戻ってもう一度完全防寒のダウンジャケット姿に着替え。
思い切って散歩に出てみるも、雨と寒さであえなく退散!

ひーーー!
ホントに寒いヨ!!


ドタバタしつつ迎えた夕食の時間。
f0106938_1395077.jpg
ロビーにいるのはもちろん、ネルたちとオーナーご夫婦だけ。

はじめは気が引けるかと思ったけど、何だろう。

先方もこういうシチュエーションに慣れているのか
そういった気まずさは最後まで感じないまま。

ゆっくりとディナーの時間がスタート。
f0106938_140383.jpg
夕食のメインは炭火焼。
ロビーのダイニングテーブルの中央に掘られた囲炉裏で
本物の炭火を囲みながらいただける。

まず先に小鉢がいくつかでてきて、地魚メインのお刺身も。
それにご飯とお味噌汁。

小鉢や薬味の器はどれも古伊万里らしい。
背が低くやさしい丸みがしっくり手に馴染む。

この器を最大限に活かしたテーブルコーディネートが、渋い。
空間に迷うことなくピタリと納まっている。

オーナーが趣味で集めてきた品々なのかな…

f0106938_1401717.jpg
食材は取り立てて豪華なモノはないし、ボリュームも正直少ない方に入るだろうけど
これはこれでアリな気が。

蝋燭と間接照明の薄闇のなか、顔に身体にガンガン迫ってくる本物の炭火の熱さで
あっという間に胸いっぱいになってきてしまうから(笑)。

あっ、でも海老のお刺身はホントとろっと甘くて最高だったナ…。


部屋に帰ったA氏、「もう一回何か食べたい、、」と小声で。
珍しくネルも素直に同意(笑)。

明日の朝ごはん、何かな~~
_
[PR]
by gaisyoku_calendar | 2012-01-15 01:51 | 旅先_伊豆の[が]

宿13_2011秋・京都_ロイヤルパークホテル ザ 京都

みなさま、
たいへんお久しぶりです☆

本年もどうぞよろしくお願いいたします♪



すでに昨年のことですが、またまた行ってきました
秋の京都へ~♪

11月の第一週はゼミの同窓会、と決まっているので
卒業以来毎年毎年、同じ日程で飽きもせず京都通いが続いてかれこれ10年以上。

ふぅ、ようやっと、
昨年も行ってきました♪


そう、秋の京都はまず、
2ヶ月前の宿予約、9月の激戦を勝ち抜くことから!!

ここ数年、予約は必ず
JR東海ツアーズの 「ぷらっとこだまフリープラン」 のパック商品。

京都への交通手段を新幹線に設定するなら
静岡⇔京都往復のこだま新幹線指定席&ホテル宿泊がセットになったこのプランが、
個別手配や各種旅行サイトを経由するより恐らく一番お得な気がしてるのです。


このぷらっとこだまフリープラン、昔は店頭でしか予約できなかったりweb予約ができるようになってからも
なんだか相当にちぐはぐなシステムでお役所仕事感満載?なサイトでしたが、

久しぶりにサイトに訪問すると
あれ、あの数々多々の不都合がクリアされてる!
とうれしくなりました♪

ただ今でも階層や入り口が複雑で、宿や日程など条件が決まっていてもかなり商品検索しにくいので
グーグルなどでキーワード検索した結果から
直接目当てのページに飛んだ方が早いかもしれません。


京都での常宿といえば繁華街のはじまりの北側、
静岡でいえば本通と呉服町通の交差点に面する静岡銀行本店的?なあたりに位置する
「京都ロイヤルホテ&スパ」。

元は豪華ホテルだったのだろうけど老朽化の進行と部屋の狭さで
今では限りなくビジネスホテルに近いシティホテルに。

でもそこは料金の手頃さと立地の良さで、そこそこお気に入りだったのです。


今年も宿はロイヤルホテル&スパかな~と何気に検索していたら

「ロイヤルパークホテル ザ 京都 開業記念スペシャル」
の文字が!

 へ~、あの日本橋と横浜の “ロイヤルパークホテル” が京都にもできたんだ~

 えぇっ、しかも河原町三条の明治屋の隣?あんないい場所に??

 えっ、そうか、あの東宝会館があったとこだ!!!


■ ロイヤルパークホテル ザ 京都 [シティホテル]
http://www.rph-the.co.jp/kyoto/
京都市中京区三条通河原町東入ル_京都駅直結・地下鉄[京都市役所前駅]より徒歩3分
075-241-1111

10月8日開業というから、泊まるのはオープンから1ヵ月後。
オペレーションも多少こなれてきた頃。

しかも河原町三条といえばすぐそばに高瀬川が流れる木屋町。
祇園や先斗町、錦市場や大丸・高島屋も徒歩圏内。

高級スーパー・明治屋の隣で元映画館のあった場所だから
もうホントに繁華街のど真ん中。
周囲は物販店にコンビニもファストフードも飲み屋も、すぐ目の前に山のよう。

静岡で言えば七間町の北ワシントンホテル、に近い立地かな。

もちろんロイヤルホテル&スパの方が若干お得だとは分かっているものの
やっぱり新しくできたホテルに泊まってみたい。


仮に調べられた範囲での正規料金を確認してみると

大人の新幹線指定席、静岡⇔京都往復の正規料金は
片道@1万150円×2 → 2万300円。
大人2名だと → 4万600円。

ロイヤルパークのプランの部屋はスタンダードorスーペリアの禁煙ツイン。
11月の京都の宿はどこも正規料金でしか予約できないのが通常で
この部屋の正規料金は1室2名で2万6,566円~。

そうするとロイヤルパークに泊まった場合の[大人2名・1泊・食事ナシ]の正規料金は
新幹線 4万600円 + ホテル代 2万6,566円

→合計 6万7166円 ナリ!

う~ん、交通費と素泊まりでこの金額。
高いネ(笑)!!!

一方まったく同条件のJR東海ツアーズ商品はというと、
コレが 5万2000円♪

その差約1万5000円。
うわっ、さすが~♪♪♪

で、いそいそと同日付の2ヶ月前に予約完了~。
めでたく [ロイヤルパークホテル ザ 京都] に泊まってきたのです。

こんな感じで今のところJR東海ツアーズがいいナと思って利用していますが
もし他にもっとお得な予約方法があったらぜひ教えていただきたいです☆

 …

実際泊まってみての施設全体の感想ですが

祇園が近い場所柄か、エレベーターは宿泊者のカードキーをかざさないと乗れない最新セキュリティ。
ベッドの寝心地やリネン類はかなり上質で、インテリアもちょっと気取ったシンプル和モダン。

なかでもバスタブ!
他のホテルでは経験がないぐらい深くてゆったり、肩までしっかりつかれるリラックスサイズ。
底冷えする京都の夜にはぴったり。


ただスタッフの方たちは
まだかなりスキルにばらつきがあるようで。

はじめフロントに足を踏み入れたとき、数人いたスタッフの方が誰ひとり作業から顔も上げず
いらっしゃいませ、さえ発せられない。

若い女の子は宅急便の制服のお兄さんと楽しそうにおしゃべりに興じたまま、
目の前に現れたネルたちを完全無視…

 あれっ、ここあのロイヤルパークだよね?? とにわかに動揺(笑)。

突然の雨に降られ、服も濡れてどうにも困ってしまい、
12時過ぎのインでもアウトでもないに来ちゃったのがまずかったのか。。


 あの、私たちこんなハンパな時間にきちゃったけど、一応今日の宿泊者なんです…


フロントの方はひとこと、

 「 まだ時間ではないので部屋には入れません 」

わ、さみし~、、、(泣)。。


いやいや、いやいや、いや。
それは重々承知してるんですヨ。。。

雨で湿って一層重く感じる荷物を抱えたまま、どこにも座らせてももらえず
せめて濡れた服を拭くタオルを貸してほしい、と言い出せる雰囲気でもなく…

やっと大荷物を預けて、カサだけはなんとか貸してもらえて。。


あれー、、、、
せっかくロイヤルパークにしたのになぁ…


こわばった顔で想定問答集以外の応対は一切しません、
それ以上私に関係ないし~~
な軽い感じの若いスタッフさんが多かったような。


とはいえチェックインして何度か出入りしている中で、
こちらの意図することを汲んで対応してくれるプロな方ともお話できて、ひと安心。

ウン、まだ開業して1ヶ月だもんね。
地元採用の未経験の新人さんが多いんだろうね。

これから育成担当のマネージャークラスのスタッフさんたち、
がんばってほしいナ。

そんなで初めは正直かなりガッカリ、だったけど
最後はまた泊まってもいいかな~って気持ちになれました☆。

来年の京都もここにするだろうから
今度はおいしいと評判の朝食も食べてみたいです♪
_
[PR]
by gaisyoku_calendar | 2012-01-09 01:38 | 旅先_京都の[が]

沖縄2011_4_宿12・3デリ_カフーリゾートフチャク コンド・ホテル

カフーリゾートには4つの飲食施設があります。
メインダイニングのイタリアンレストラン「The Orange」、コース料理主体の創作和食レストラン「無垢」。
それに「Deli デリ」と「Cafe&Bar カフェ&バー」。

ネルたちが特に気に入ったのが、初日のディナーに利用した「Deli デリ」と
二日目のランチを食べたレストラン「The Orange」。

「Deli」はデパ地下のように並んだショーケースにプレートセットや和洋の各種デリ、サラダにフルーツ、
生ケーキをはじめとするスイーツまでがズラリ。
カレーなどの食事系、フライドポテトやドリンク類の軽食もここでオーダーOK。朝はパンも扱っているらしい。

f0106938_133851.jpg
オフィシャルサイトより
オーダーはハンバーガー店のようにセルフサービスでカウンター越しに注文した品を受け取って、デリはテイクアウト、
食事系の基本は窓際のカウンター席やすぐ隣にあるCafe&Bar のテーブル席でイートインするスタイル。

メニューは意外なほど本格的で、沖縄食材の「アグー豚」「やんばる鶏」「紫芋」等を使った各種デリカやスイーツ
にはじまって 沖縄そば、じーまみー豆腐、ちゃんぷるーetc.など定番の沖縄料理もしっかりラインナップ。

しかもやっぱり…お手ごろ価格!(嬉!!!)
ソフトドリンクやコーヒーは200円台、サラダや惣菜は300円ぐらいから、それに沖縄らしいオリジナルな
麺類&丼&カレーの食事系メニューも700~900円台ととてもホテル内とは思えないお値段なのです。。

メニュー表を見ると作り置きでない食事系メニューも何十円かの容器代でテイクアウトにもしてくれるし、
やはり追加料金はかかるものの時間帯によってはルームサービスとしても届けてくれるらしい。


この、イートインもテイクアウトもルームサービスでも、
「どの食事シーンでもOKですよ、どうぞ自由にご利用ください♪」
と柔軟なサービス体制をアピールした表記。

今まで泊まったどの宿でも、
ここまで明快にシーン別に料金表示していた宿はなかったと思う。

ホテル慣れしてる人ならこんな表記がなくても「部屋に持ってきて」とか「テイクアウトできるの?」とか、
交渉したり聞いたり自分からできると思うけど、やっぱり普通はわざわざ聞いて断られたらそりゃ悲しいし、
気になるプラスの差額料金をこちらから聞くのも尚恥ずかしいし…。

それに、もし、テイクアウトもルームサービスも結局は使わなかったとしても、この表記を見たときに
「こういうの書いてくれてあるのイイよね♪」
 ↓
「あーー、親切なホテルに泊まったなぁ♪」
って自然とウレシイ気持ちにさせてくれるはず。

他のホテルも実態としてはやってるかもしれないけど、ゲスト誰にも平等にわかりやすく表記しているって点が
やっぱりネル的にはスゴイなぁ…と思ってしまう。

うーーん、それにしてもこのホテル。
とにかくどこに行っても新しいサービス&チャレンジがふんだんに。


 そうかぁーー、何かこういうの、
 
 すごぉ~く楽しいなぁ~~(笑)。。。。


思った以上に充実のDeliに興奮したネルたち、
初日のディナーは外に行く予定だったのを急遽変更!
あぁ、これで疲れた身体を引きずって店選びに苦労するの、免れたぁ(笑)!

たくさんあるメニューの中から迷いに迷って、後でコンビニに買出しに行くことも考えてやや少なめのチョイス。
お会計はその場で現金で。今思えば部屋付にすれば現金も減らなくて良かったかな。

ソファ席ならゆっくりお食事できますよ、とのスタッフさんの言葉に促され
Deliのすぐ奥にある照明の落ちた何やら大人の雰囲気のCafe&Bar スペースへ。

f0106938_16856.jpg
オフィシャルサイトより

Cafe&Bar はバックバーのあるカウンターをイントロにソファとイスのテーブル席をゆったり多めに、
ホテルバーというよりはもっと開放的でくだけたラウンジバーのような雰囲気。

インテリアは飽きの来ない上質なシンプルモダン。
南国らしさはやや控えめに、たっぷりとした大振りのソファが他のゲストと目線が合わないよう
ランダムに配置された気配りが余裕の表情。

日没からすぐの時間帯だったせいか、ソファスペースはネルたちが一番乗り。
一面ガラス張りの向こうはオープンテラス。
その先にあるプールはライトアップされ、オレンジ色にしっとり輝きはじめている。

プールと海と、薄闇に暮れつつある紫色の空が一度に見渡せる、
たぶん特等席のソファに腰を落ち着けて。

f0106938_165722.jpg

  うわーー、ステキだなぁ。。。

  そう、今、沖縄リゾートに来てるんだよなぁ。。。

ソファ席の想像以上の座り心地にうっとりしている間に
スタッフさんがカトラリーといっしょに一品目を持ってきてくれる。

「やんばる鶏と紫芋の…」
あれっ、正式なメニュー名、何だったかな?
f0106938_172253.jpg
食べかけでスミマセン…

このデリ、冷蔵ケースで並んでいた時のプラ容器のままかと思えばきちんとお皿に移され温めてくれてある。
てっきりそのまま出されるかと思っていたので、当然といえば当然なのだけど、うれしくて、ちょっとだけびっくり☆

これがね、うーーん、おいしい!
まず鶏肉がしまっているし、イタリアン風な味付けもブイヨンなのかオイルサーディンなのかがかなり濃いのだけど、
沖縄の乾燥した暑さのなかではこれぐらいもアリだよねって思ってしまう。

しかもボリュームも二人で食べてもちょうどなくらい。
これでたしか500円前後だったような…


「紅豚の生姜焼き DELIプレート」980円。
f0106938_174955.jpg
わかります?、これもそれなりに豚肉の厚みも枚数もたっぷり。
半熟卵や野菜のマリネもきちんとしたもので。
もっとおつまみ程度のボリュームを想像してたけど、これならちゃんとした食事になってる!うーーん♪

A氏の喜んだ「Tボーンステーキ」1300円。
f0106938_18982.jpg
あれれ、ナゼか2枚も(喜!!)。 いいのかな…
岩塩もちゃんと付いてますよ~♪

ウン、値段からしてそれほど期待してなかったけど、こちらも厚みといい大きさといい、予想以上♪
肉質も噛み応えはあっても硬すぎず、部位も産地もわからないけど雑味のなさが食べやすい。

それに驚いたのが「フライドポテト」280円。
えぇっ?280円~??これで???(驚いて写真撮り忘れました.笑)

大きな陶器のボウルにたぶん普通のファミレスの大盛りくらいのボリュームで、しかも3種類くらいの盛り合わせ!!
形はストレートにツイスト、カール、味付けも形によってかフレーバー違いになっていて。
いやはやCPの良さというか、気前の良さ??にはまたまたびっくり。。。

あとこれに「沖縄そば」780円とドリンクを頼んで、お会計はぴったりサービス税ナシの
ちょうど4000円~♪(安い、安いヨ…)

全体としての味の印象は東京の商業ビルのきちんとしたフランチャイズくらい(分かりづらいですね…)。
でもやはり、普通に静岡では出てこない味だと思う。
沖縄食材&定番沖縄メニューも多いし、リゾートホテルの中のデリとしては十分すぎるくらいじゃないかな。

品数少なめ&アルコールなしとはいえ、この席でこの眺めでこの内容で。
リゾートホテルのラウンジで夜食事して、大人二人で4000円かぁ。。。

 うわぁーー、、、
 外行かないでラッキーだったな…

ただ普通にテイクアウトやルームサービスにしてしまうと味気ないプラ容器や作り立てでない温度なんかもあって
「こんなものかな?」って感想になってしまいそうだけど、

イートインで親切なスタッフさんと会話しながら、夕暮れの海の眺めとCafe&Barのリッチな雰囲気が醸し出す
満点の舞台でディナータイムを過ごせば、おのずと満足度も上がりそう。

期せずしてこの最高のシチュエーションで食事ができたネルたち、
やっぱり運が良かったんだと思う♪♪♪


こっそり、いや確実にネル以上にDeliが気に入ったA氏。

夜更けに「コンビニ行ってくるよ~」といいながら帰ってきたA氏の手には
Deliでテイクアウトしたオリオン生ビールとフライドポテト… っていうのはもう予想通りの行動で、ハイ(笑)。
_
[PR]
by gaisyoku_calendar | 2011-10-13 01:18 | 旅先_沖縄の[が]

沖縄2011_3_宿12・2プール_カフーリゾートフチャク コンド・ホテル

一気にお気に入りになったカフーリゾートですが、
やはり完璧なホテルではありません。

そう、カフーリゾートには “プライベートビーチ” がないのです…

眺めは完全オーシャンビューなのですが、客室から見える蒼いフチャクビーチは
ホテルの目の前をぐぐっと横切る国道58号線の、その向こう。
f0106938_22332998.jpg
早朝の散歩にはぴったりのフチャクビーチですが、クラゲ防止ネットなど遊泳用の整備はされておらず
ホテルも別のビーチへ無料シャトルバスを運行して注意を促しています。

もともと沖縄のリゾートホテルは伝統的にプライベートビーチがあるのが大きなウリ、らしく。

 あぁ、たしかに部屋から出たらすぐビーチ!ってすごく楽しそう~
 いかにも沖縄に来たぞ♪、って感覚だろうなぁ…

でもそこそこインドア派&紫外線苦手で初沖縄組のネルたち。
果たして沖縄のビーチにどれくらい魅力を感じるのか…

天気にも左右されるし、行きたくなったレンタカーで好きなビーチに行けばいいよね、
っててことでそれほどプライベートビーチの有無は重視しませんでした。

そこで代わって大事になるのが
そう、プール♪
f0106938_2234327.jpg
オフィシャルサイトより
カフーリゾートには俗に「インフィニティプール」といわれる、プールのふちが海に繋がるように切り取られ
まるで海とプールが一体化したかのように見える素敵なプールがあるのです。

ただプールそのものはごく小さめ。はりきってガシガシ泳ぐぞ~というよりは、

プールで水遊び程度に楽しんだら海を臨むジャグジーにつかってゆっくり身体をほぐし
あとはデッキチェアで思い思いに寛ぐ、なんてあたりがベストな過ごし方でしょうか。

レンタル品はプールでも充実。
タオルの貸し出しはもちろん、浮き輪やスイムウェアも無料で貸し出してくれるそう。

しかも西海岸に位置するカフーリゾート。
もちろんプールからもしっかり、夕陽が望めるのです♪

 プールから眺める夕陽。 
 ウン、これこそリゾートだぁ…☆

あぁっ、日没が近づいてる!
チェックインして一息つく間もなく水着に着替えて、荷物は散らかしっぱなしでプールへGO~!
f0106938_22351013.jpg
運よく空いていたガゼボに腰を落ち着けて。
夕陽が水平線に落ちるまで、他のお客さんと一緒に静かに海を眺めて。

 プールから夕陽を眺めたのって、はじめて。
 ホント、きれいだな…

暗くなったプールエリアはロマンチックにライトアップされて大人の雰囲気。
f0106938_22352896.jpg
日没後は大人のみが利用できる時間帯。

ゆるりとした沖縄ミュージックが静かに流れるプールサイドで
シークワーサーのジントニックを頼んで、しばしの間まったり。
f0106938_22524558.jpg
プールサイドからはカクテルなどのドリンク類や軽食&おつまみなんかがオーダーできるのですが、
驚きなのがその値段。

ホテルなのにアルコールも含むドリンク類はたしか500~700円、カキ氷なんかは400円台で頼めて
しかもサービス税ナシ(なんでだろ?)で表示どおりの、ポッキリ値段。

「オリオン生ビール」にいたってはポッキリ500円!!
えーっ、一応(失礼!)ホテルなのに、この値段でいいのかな…

もちろんA氏、狂喜乱舞。
毎日のように「夕陽に合わせてオリオンビール…」って呪文のように唱えてましたから(笑)。

東京のホテルのプールサイドで同じことしたら、ビール一杯で1000円以上は
絶対しちゃうのになぁ。。もう、尚ウレシ♪

こういう「贅沢しすぎてるかも...」なんて罪悪感を感じさせない料金設定が
ネルが心置きなく初リゾートを楽しめた大きな理由には間違いない、と強く思うのです(笑)。


ふと思ったのですが、このホテル全体の良心的な料金設定の理由、

もしかしてプライベートビーチという土地=多大な取得費や各種税金、遊泳や安全に関する
維持管理費など。本来膨大な費用がかかる部分を思い切って切り捨てたことが一因なのかなって。

それでも沖縄のホテルにプライベートビーチが不可欠な理由は多々あると思いますが、
沖縄でただのんびり♪が目的のネルたちにとっては、今のところビーチなしでも十分満足♪

つまりプライベートビーチの存在よりは客室の居心地に予算をかけたいネルたちと、
ちょうど相性が良かったということでしょうか。
この辺は沖縄通の方にぜひ意見を聞いてみたいところでもあります♪

あっ、でも気になるビーチにはレンタカーでいそいそと突撃してきましたヨ。
(その話はあとの記事で…)


結局滞在中プールに行ったのは計3回。
これって予想以上に通ったことになるはず。

ホテル棟からプールまでの距離の近さ、こじんまりして落ち着いた雰囲気、
海が一望できる爽快感、そして夕陽が落ちるロマンチックな眺めが気に入ったポイントでしょうか。

うーーん、でも次ココに泊まるなら、
違うホテルの広いプールにも遊びに行ってみたいような…(笑)
[PR]
by gaisyoku_calendar | 2011-10-05 22:33 | 旅先_沖縄の[が]

沖縄2011_2_宿12・1客室_カフーリゾートフチャク コンド・ホテル

■カフーリゾートフチャク コンド・ホテル [リゾートホテル]
沖縄県国頭郡恩納村冨着福地原246-1  那覇空港より沖縄自動車道経由約50分
098-964-7000
f0106938_23283620.jpg
f0106938_2330138.jpg
f0106938_23344411.jpg
オフィシャルサイトより ※今回写真が少なく、オフィシャルサイトよりイメージカットをお借りしています

静岡空港を定刻通り飛び立った、ANA783便。
それはもう順調に、ナント順調すぎて予定より20分以上も早い午後4時前には那覇空港に到着!
そんなことってあるんですね??

沖縄の海に負けないくらい鮮やかなセルリアンブルーのインサイトに荷物を積み込んで
薄曇りに晴れ間が覗く沖縄本島を一路、西海岸随一のリゾートエリア・恩納地区へ!


沖縄自動車道、国道58号線を経由して約50分。
海岸沿いを走る58号の大きくゆるいカーブを曲がった先に、
見覚えのある特徴的な建物が…。
f0106938_22404178.jpg
見落としてしまいそうな細~い路地を曲がって少し丘を登れば
そこはもうホテルの車寄せ。

開放的なロビーでチェックイン。
f0106938_2342310.jpg
イス&テーブルに座って手続きしているお客様もいるのにネルたちは
ロビーの隅にある背の高いレセプションカウンターに通され、その間ずっと立ち通し。

あれれ?
なんでだろ?
座れると思って喜んじゃったのに…

朝から丸一日移動!移動!移動!の連続で疲れ果て
もう少しでも早く座りたいのになぁ。。

手続きが終わるとレセプションの女性がそのまま荷物を運んで部屋へと案内してくれる。

この建物が珍しいのは各階のエレベーターホールで降りたら一度ふつうのマンションのような外廊下に出て、
各部屋の前まで行く設計になっていること。

ちょうど台風のとき宿泊していて、この外廊下の風雨でびしょぬれになったっていうクチコミ、
実際自分が立ってみると良く分かるナ…。。


アサインされた部屋は4階。
これまた本当の分譲マンションのようにひろい玄関で靴を脱いで、フローリングの床に上がるスタイル。
うわー、靴をぬげるのって実際やってみると、想像以上にウレシイナ。。

電気のついていなかった部屋は薄暗くて、
でもその奥のバルコニーの眺めは…

f0106938_2343867.jpg
 うわーーーーーーーーーーーっ、スゴぃ。。。。。。

 なんて眺め!!!

予想以上に広い広いリビングダイニングの奥に広がっているのは
これぞ沖縄!なガイドブックで見たまま、いやそれ以上の大きくて透明な青い海。

 あぁ~~~~~~、もぅびっくりしたぁ~~(汗)。

 こんなにいい眺めだなんて、思ってなかったから。ホントに(泣)。

9月のオンシーズン、さすがに客室のアップグレードはしてもらえなかったようだけど
これって同じグレードの客室の中でも海がより近く、大きく見える側の客室にしてもらえたんじゃないかな。

次回も泊まるならなら絶対、高層階より海に近い側の部屋チョイスだな。。


 はぁーーー、しかも、本当に、部屋が広い・・・!

今回予約したラグジュアリースタイルは一番数の多い基本的な客室タイプ。
ネルの撮影した写真だけではなかなか広さが伝わらないとは思いますが、
実は広さは70平米(つまり20坪超)近くあるのです。

オフィシャルサイトより  ラグジュアリースタイルのルーム例f0106938_2347067.jpg
f0106938_23472252.jpg













f0106938_2359486.gif広さは62~73平米、間取りの一例は20畳以上もあるリビングダイニングをメインに独立した7.4畳のベッドルーム、2.7畳のキッチン。バス・トイレ・洗面所もそれぞれ独立。

玄関には大きなシューズクローゼットもあって、普通の1LDKの分譲マンションと遜色ないくらい。これで洗濯機置き場と本格的な収納スペースがあったら、実際生活したってなんの問題もなさそう。

バルコニーだってたっぷり奥行きも幅も広くて、
ここで軽くBBQだってできちゃいそうなくらいだもんな…。

インテリアはごくあっさり、アジアン&シンプルモダンって言ったらいいのか。
籐のソファやダイニングセットなんかの家具はいかにもなリゾート感があるけれども、装飾品はほとんどなくて、調度品もいたってシンプルな好みを問わない合理的なチョイス。

ベッドは幅120のセミダブルサイズが全部で4つ。

2台がリビング、もう2台はベッドルームに。
のびのび寝転べるように二つ並べたハリウッドスタイルにベッドメイキングしてもらったら…

f0106938_063411.jpg
もう向こうが遠いくらいに広い、広い、広い。
だって横240×縦200! ウハ! ウハハ(笑)!

f0106938_065335.jpg
バスルームもね、シンプルなシステムバスなんだけれど新しくてホント快適で気持ちいい。

洗い場の床の滑らず水切れのいいラバーっぽい素材とか、
十分足の伸ばせるバスタブは、手のかかるふち周りのほどよい幅やモノがおける角度とか絶妙で。

リゾート感のある演出はゼロなものの、使い勝手の良さはホント秀逸。

 あぁ~~、いいなぁ~
 今度はウチもコレにしたいなぁ。。

…って、完全に新築マンションのお泊り見学会気分(笑)。

キッチンは小ぶりなシステムキッチンに冷蔵庫や電子レンジ、IHクッキングヒーター、電気ポット、
コーヒーメーカーなんかの家電にコップやカンタンなお茶セットなど。
f0106938_0101423.jpg
このキッチンが滞在中に大活躍♪
連泊ともなれば何食かは買ってきたものを持ち込んで食べるだろう、とは予想していたけど
部屋の居心地のよさに思った以上にその回数が多くなって。

数えてみると、朝食2回、昼食1回、夕食2回。
おやつにいたっては何回も♪。

コンビニ食材をちょっと電子レンジで温めたり、
急遽買った1リットル用のティーパックで冷茶を作ったり、
買いこんだお惣菜をアレンジして車中用のカンタンなお弁当を作ったり…

あっ、朝食のサンドイッチもありあわせの食材を組み合わせてつくったカナ。。


部屋の居心地がそれほど良くなければ外に出て食事しよう、
となったのかもしれませんが
f0106938_2233154.jpg
朝は朝でバルコニーから吹く爽やかな風と穏やかな空と海がが気持ちよく、

夕方はトワイライトな夕焼けを見ながらバルコニーでデリを広げてオリオンビールを…
f0106938_0373323.jpg
となってしまうわけで♪(食べかけでスミマセン!)

宿選びの時は部屋にキッチンがあると便利かどうか、全然気にしていなかったけど
うーーん、こういうことこそ、実際行って経験してみないと分からないものですね♪


とはいえそれもこれも滞在中ずっと、天気と部屋の眺望に恵まれたから、なんですよね。
ホント今回の旅は誰かに感謝したくなるぐらいツイてたなぁと思います(謝)。

それとちょっとしたお楽しみが、無料で借りられるたくさんの 「サポートアイテム」。
様々なジャンルのレンタル品が約160種類ぐらいあって、有料のものもあるけれどほとんどが無料。

ネルはフェイシャル用のイオンスチーマー、フットバス、テンピュール枕を無料♪でレンタル。

フットマッサージャーも希望を出してみたけど、コチラは残念、貸し出し中。
予約はできないので先着順で在庫があれば貸してもらえるシステムのよう。

夕食が終わってお風呂から上がったら、テレビを見ながら
イオンスチーマー+フットバスでリラックス、リラックス♪

  あふぅ~~~~。。。

  ぷしゅ~~~~~~~~~~(疲れが抜けていく音♪)

日中ビーチやプールでたっぷり遊んだあとは肌コンディションが気になるところ。
どちらかといえば人にやってもらうエステの類が苦手なネルにとって、いつものお手入れに加えた
スペシャルケアまで部屋で手軽にできるなんて、まさにリラックスのツボ♪

そうそう、この自分の家で寛いでいるような感覚で
のんびりできるのがウレシイんだよなぁぁ。。


旅には日常を持ち込みたい人と
非日常の時間と空間だけをたっぷり楽しみたい人がいる気がするけれど、
どうやらネルは完全に日常を持ち込みたい人。

リゾートの非日常空間に身を置きながら、
いつもの自分らしいお気に入りの時間があるのがたまらなく心地いい。

なのでもしも宿の備品と相性イマイチだったら、って心配してスキンケアもボディケアも、
タオルもパジャマも…って荷物が多くなっちゃうのが毎度ながら面倒なんですけどね(笑)。


せっかくの沖縄ステイ、オーシャンビューやリゾート感も大事にしたいし、
快適に連泊できる居心地もハズせない。

かといってすべてを満たすホテルを望めば、やっぱりそれは天井知らずなわけで。

ツアーの内訳を自分なりに紐解いてみると宿泊料金は大人1名1泊9000円弱。
そう思うとこのカフーリゾートの客室、初沖縄組のネルたちにとって現実的な予算のなかで
宿泊できる最適なチョイスだったような気がします♪



うーーーん、それにしてもフローリングをぺたぺた素足で歩けるのって、本当に気持ちイイ! 
…いえ、ラク!

だってビーチから帰ってきたらあちこちから砂がポロポロ、ポロポロ。。
フローリングだからキレイに掃除できたものの、
これがカーペットだったら落ちた砂ってどうなっちゃうんだろ。

そういうことも考えてこの部屋フローリングなんだろうか?

狙って予約したわけではないけれど、このフローリング&キッチン付が
今回の快適ステイの大きなポイントになったのは間違いなさそう。


もし普通のホテルでカーペット敷にスリッパの部屋だったら…
スリッパ履くの、ネルは絶対に初日で挫折してたと思いマス。ハイ笑!

_
[PR]
by gaisyoku_calendar | 2011-09-27 23:54 | 旅先_沖縄の[が]

沖縄2011_1_旅のはじまり

f0106938_3453413.jpg
3日目の朝方、客室ベランダからみえた虹


いつもだったら伊豆や箱根、京都か東京が旅の定番だったのですが。

沖縄行き構想が本格的になってきたのは
今年の6月。

いつごろからかA氏が「美ら海水族館だけは一度行っときたいなぁ」と頻繁に口にするようになり、
まったく興味のなかったネルですが、一度くらいは沖縄アリなのかなぁ、と徐々に思うように。

そこに 「今年の夏は5連休とれるよ♪」 と嬉しそうなA氏の報告。

…と、コレはもう決まりでしょう(笑)。


旅行と決まれば、一番大切なのは宿選び☆

なにせ初の沖縄。
やりたいのは水族館に行くことと、一回はビーチとプールで遊んで、あとはのんびり…と、あくまでざっくり(笑)。

それにはどのホテルがいいのかはもちろん、宿をとるならどの地域がよくて、宿泊料金の相場はどれくらいで、
行ったらやっぱりアクティビティとかってしたくなるもの???…とか、細かいことは全くわからない状態。

そんな時思い出したのが
「カフーリゾートフチャク コンド・ホテル」 http://www.kafuu-okinawa.jp/  でした。

ふだんよく利用している旅行サイトでみかけて印象に残っていた宿で、沖縄本島の真ん中あたり、
西海岸地区に2009年オープンしたばかりのリゾートホテル。

なぜ覚えていたかといえばこのホテル、オープンを目指した建設中ににディベロッパーが民事再生になり工事中断。
そのまま一時は塩漬けになっていたという物件なのです。

それが新オーナーや運営会社が決まり再始動、とかく高額だといわれる沖縄リゾートにおいて
新しい価格帯と平均70平米超の居心地を重視した客室で新しい沖縄リゾートをコンセプトにオープンしたのだとか。

もちろんこの情報だけならやや不安(いや、かなり!)だったのですが、

不良債権化しそうなこの大型物件に新オーナーが決まった要因のひとつに、新旧ホテルの競争の激しい
西海岸地区の中でも申し分ない立地の良さがあった、というのがすごく記憶に残っていて。

それにオペレーション担当会社が伊豆箱根のラグジュアリー旅館として高い人気を誇る「熱海ふふ」や
「箱根翠松園」の運営も手掛けている、というのもプラスの安心材料になりました。


 ふーーん、そうか、そうか。。

 新しくて眺めが良くてコスパも高くて (たぶん…)、しかも客室が広いんだ。。。(喜♪)。。。


以前プール目的で泊まった小田原ヒルトンで、ベッドの上しか居場所のない狭いツインルームで
寛げなかった思い出があって(もちろん予算の都合でですが☆)。

飛行機を使っての遠出で連泊、しかも夏のビーチリゾートときたなら、広い部屋での開放感は必須でしょう!
と宿をカフーリゾートに狙いを定めたら、乗り気でなかったハズの沖縄行きも断然気分は盛り上がり(笑)。
本格的にツアー探しとなったのです。

 <旅の要件>は
 ・9月出発の3泊4日

 ・飛行機は静岡空港発着

 ・現地ではレンタカー使用 ※エコカー希望

 ・ホテルは3泊ともカフーリゾート


大手から沖縄の地元旅行代理店まで、安いパックツアーをあれこれ探してみたものの
この [静岡空港発着] がなかなかのクセモノ。

経験された方ならお分かりだと思いますが、
静岡空港利用のツアー、とにかく圧倒的に数が少ない!!!

たしかに沖縄⇔静岡空港発着便は、行き帰りともANAの1日1便のみ。

おトクなツアーは組みにくいだろうし、しかも希望ホテルがはっきり決まってるとなれば
どんどん数は絞り込まれるばかり…。

でも静岡空港の搭乗手続きのラクチンさや自宅からのアクセスの良さ、駐車場代無料、それにあの静岡らしい?
といっても良さそうなのんびりした静岡空港の雰囲気が好きでとても羽田に行く気にはなれないし。。

試しに航空券、レンタカー、宿泊を個別に手配することも考えたのですが、どう見積もってみても
ツアーと総額でも5000円ぐらいの差で納まってしまう。
だったらキャンセルになったときのリスクも考えてやっぱりツアーでしょう、と。

何日もあれこれ試行錯誤の結果、
結局ホテルのオフィシャルサイト推薦のフリープランでや~っと決着。(ホッ。。)

苦心の末完成した旅の概要はこんな感じです。
(振り返って列記してみると、それほど苦労した、って感じでもないですね…笑)

<旅行内容>_大人2名 3泊4日 月曜出発~木曜帰着

 ・航空券  静岡空港⇔那覇空港 往復

 ・宿  泊  カフーリゾートフチャク コンド・ホテル × 3泊 食事なし
         ラグジュアリースタイル(60~70平米超)・フォーベッド・キッチン付・オーシャンビュー

 ・レンタカー ホンダ_インサイト(ハイブリッドカー) 3泊4日 カーナビ付

 大人@7万2500円 × 2 
      ↓
 旅行代金合計 大人2名_14万5000円


なんですが、うーーん、コレってどうなんでしょうか。

ついに旅行代金までオープンにしてしまいましたが(笑)、この金額が高かったのか、いやいや相場だったのか。
やっぱり今でもよくわかりません。
(沖縄旅行経験者の方がいたら、ぜひアドバイスいただきたいです~)

はじめての沖縄、もっといい予約ルートもあったのかもしれませんが
とりあえず希望通りの予約ができたことに満足、満足♪
台風接近にヒヤヒヤしながらも、なんとか当日を迎えたのです。

次回からはやっと、沖縄旅本番ですヨ~
[PR]
by gaisyoku_calendar | 2011-09-24 04:03 | 旅先_沖縄の[が]

2011・夏_沖縄の旅に行ってきました☆

f0106938_2349205.jpg
9月になったというのにいくつもの台風がものすごい勢いで上陸中ですね。
被害が最小限になればいいなと思っています…。


その台風上陸の合い間をぬって
初めての沖縄旅行へ行ってきました~♪

9月の沖縄といえば、完全な台風シーズン。
にもかかわらず那覇空港到着時には居座っていた温帯低気圧に変わって晴れ間が現れ、
最終日のホテルチェックアウトと同時に新台風の影響による激烈なスコール!

3泊4日の旅行中ずっと、ちょっとぐらい雲行きが怪しくても
店内&クルマ移動中のみ雨、外に出れば途端に晴れ♪が連続、連続、連続、連続!

なんという天気運の良さ!!!

もう何の思い残すこともなく、奇跡的にパーフェクト☆晴天のエメラルドグリーンな沖縄を楽しめました。
またまた天気で自分の運気を使ってしまったかも…と怖くなっちゃうほど(笑)。

はじめての沖縄リゾート、ハマっちゃいそうな位に気に入りましたヨ♪


これから少しずつ、沖縄旅行記UPしていきますね☆
[PR]
by gaisyoku_calendar | 2011-09-21 00:06 | 旅先_沖縄の[が]

宿11 ザ・ペニンシュラ東京_客室  [東京・有楽町]

滞在から約1ヶ月が過ぎてしまいましたが(汗、、)

前回のギンザツアーの宿に選んだのが ザ・ペニンシュラ東京。

オープンは2007年9月、海外資本のラグジュアリーホテル。
緑豊かな皇居や日比谷公園にも近く、丸の内や銀座は徒歩圏内と
ロケーションはもう申し分なく、いえ抜群。

とくに日比谷公園のみえるプール!で泳いでみたくて
ずっと以前から泊まってみたかったのデス。

■ザ・ペニンシュラ東京 [外資系ラグジュアリーホテル]
東京都千代田区有楽町1-8-1
03-6270-2888

前回ロールスロイスに乗れたのは、
このペニンシュラの宿泊者向けサービスの一環。

※※※※※※<HPより抜粋>※※※※※※※※※
ザ・ペニンシュラ東京 では、ザ・ペニンシュラ東京 のロゴが入った
フルカスタムメイドの車両を成田空港や羽田空港への送迎を中心に
有料サービスとしてご活用いただいておりますが

このロールスロイス、あるいはBMWの予約が入っていない際に
宿泊のお客様を無料でお送りするサービスを開始いたしました。

このように無料でホテルの車両をご利用いただけるサービスは
東京のラグジュアリーホテルでは初の試みとなります。

ご利用時間 : 毎日 8:00~19:30まで
ご利用区間 : ホテル発 2キロ圏内
ご利用方法 : 利用になりたい際に、ベルデスクまで直接お越しいただき、
         その場で空き状況をご確認、空いていればすぐのご案内となります。
         (先着順) なお、ご予約は一切不可となります。

※ 首都高・高速道路のご利用はできません。
※ お送りのみの適用で、お迎えや待機は承れません。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

しっかり活用させていただきました(笑)。

うーーーん、もっと以前だったらいくら宿泊者とはいえ、
まさか私がロールスロイスなんて!!!って遠慮してお願いできなかったハズなのに

なんだか最近はせっかくあるなら利用してみよっカナ?って
案外ハードル乗り越えられちゃうんだから…
そんな自分が今更ながらコワイです(笑)。。


予約はカテゴリー上2番目の「デラックスルーム」。
それが、3番目の「デラックスコーナールーム」にアップグレード!!
広さも54平米から一気に69平米に!

 はぁぁ ~ アリガトウゴザイマス!!!

ネルたちだいたいにおいて繁忙期を避けて泊まるときが多いせいか
宿のご好意でアップグレードしてもらうことが多いのだけど、
こんなラグジュアリーホテルの初宿泊でのアップグレードはホントに予想外。

重ねてお礼申し上げます♪


「デラックスコーナールーム」は各階の角部屋にあり、
アップグレードのおかげで客室は19階。
建物は24階建なので、客室階だけで考えるとかなりの高層階♪

扉から入ってすぐに、こんなホワイエ(廊下)がまっすぐ客室内に。
f0106938_229135.jpg

これで平米数稼いでる気もしなくないけどナ?
でも69平米の広さはちょっとした分譲マンションより贅沢に感じられる数字。


さらに左手に曲がって続くホワイエの先に
右手にバスルーム、左手にドレスルーム、突き当たりにベッドルーム。

バスルームはなんと…
予想外のビューバス仕様!
f0106938_229273.jpg
これも間違いなくアップグレードのおかげ♪

窓からの景色はビルだけど…。
とはいえ見えているのは外国人記者クラブ!(この辺がサスガ東京、銀座!!)

あーーでも自然光が降り注ぐバスルームって、
それだけで気持ちいい!

しかもバスタブから身を乗りだして左手を覗き込むと…

なんと“東京スカイツリービュー”に!!!
f0106938_2295022.jpg
人生初☆スカイツリーがバスタブからとは…


浴室全体は大理石基調、独立したシャワーブースに浴室テレビ、浴室電話、ダブルシンク。
ウン、間違いなく豪華です(笑)

左手にはドレスルーム。
f0106938_2301524.jpg
居室になったウォークインクロゼットに
ドレッサーがセットされた部屋っていえばいいのかな?

広さは4畳半よりもっとありそう。
ラジオやお天気パネル、ネイルドライヤー、まで備え付け。

客室は全面がハイトウィンドウの広々した造り。
f0106938_2304179.jpg

モダンでありながら外国人を意識した和の要素を取り入れた、
落ち着いたインテリア。

f0106938_231173.jpg
ベッドスプリングやリネン類、ソファの質感も高く、居心地はいい。

ベッド側の窓からは皇居外苑の緑が見渡せる。
f0106938_23135100.jpg

ウン、初めは「デラックスパークビュールーム」にしようか迷ったけど
これだけ緑が見えていれば十分十分♪

ソファ側からは丸の内のビル郡や、ここでもう一度“東京スカイツリービュー”!
f0106938_2334671.jpg
確か浅草方面にあるはずなのに、有楽町のホテルからこんなにはっきり見えるなんて。
やっぱりスカイツリー、相当な高さなのは間違いなさそう。

うーーん、間違いなく客室も設備もビューも豪華。
ロケーションも間違いナシ。

あれれ、でも、でも。
スタッフの、とくに50代以上と思われる日本人スタッフの中に、
あれれ???と思われる人が多数いるのが意外、…かなり意外!!

まったく笑顔がないうえに何か聞いても面倒くさそうな答え方とか、
ムスッとして一言もしゃべらないとか…。
やっ、こんな明らかにエッ?と何回も思ったのはこのクラスのホテルでは初めてのような。。

これは、多分…な勝手な想像なのだけど、
原発事故の影響で若手の中国系スタッフが大量帰国してしまって
急遽裏方の別部門の日本人スタッフが接客の現場に駆りだされたからなのかな?って。

アジア系外国人スタッフはたいがい笑顔だし、日本人スタッフも若手の方はにこやかなのだけど、
どうも年配の日本人スタッフになると投げやり感、というか
相手するのめんどくさいな~な雰囲気がすごくって。

もちろん常連さんや重得意さんには違うのだろうけどネ。

あっ、でも泊まる前に、色んな方の宿泊体験ブログで
チラチラそんな話は見聞きしていたので大丈夫~♪

その原発事故の余波で、恐らくホテル開業以来の底値で泊まっているネルたちとしては
特段気分を害するということもなく。

このホテル、もともとターゲットはネルたちみたいな地方の日本人観光客じゃなく、
お金持ちの外国人や東京で働くエグゼクティブ層のためにあるんだろうし。。

でもでもそんなホンネも、
もう少しスマートに隠してくれてたらカッコいいのになぁ(笑)~
[PR]
by gaisyoku_calendar | 2011-07-14 02:34 | 旅先_東京・横浜の[が]
line

静岡在住30代・ネルの       静岡・京都・東京食べ歩き


by gaisyoku_calendar
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31