shizuoka 外食カレンダー

gaisyoku.exblog.jp ブログトップ

宿11 ザ・ペニンシュラ東京_客室  [東京・有楽町]

滞在から約1ヶ月が過ぎてしまいましたが(汗、、)

前回のギンザツアーの宿に選んだのが ザ・ペニンシュラ東京。

オープンは2007年9月、海外資本のラグジュアリーホテル。
緑豊かな皇居や日比谷公園にも近く、丸の内や銀座は徒歩圏内と
ロケーションはもう申し分なく、いえ抜群。

とくに日比谷公園のみえるプール!で泳いでみたくて
ずっと以前から泊まってみたかったのデス。

■ザ・ペニンシュラ東京 [外資系ラグジュアリーホテル]
東京都千代田区有楽町1-8-1
03-6270-2888

前回ロールスロイスに乗れたのは、
このペニンシュラの宿泊者向けサービスの一環。

※※※※※※<HPより抜粋>※※※※※※※※※
ザ・ペニンシュラ東京 では、ザ・ペニンシュラ東京 のロゴが入った
フルカスタムメイドの車両を成田空港や羽田空港への送迎を中心に
有料サービスとしてご活用いただいておりますが

このロールスロイス、あるいはBMWの予約が入っていない際に
宿泊のお客様を無料でお送りするサービスを開始いたしました。

このように無料でホテルの車両をご利用いただけるサービスは
東京のラグジュアリーホテルでは初の試みとなります。

ご利用時間 : 毎日 8:00~19:30まで
ご利用区間 : ホテル発 2キロ圏内
ご利用方法 : 利用になりたい際に、ベルデスクまで直接お越しいただき、
         その場で空き状況をご確認、空いていればすぐのご案内となります。
         (先着順) なお、ご予約は一切不可となります。

※ 首都高・高速道路のご利用はできません。
※ お送りのみの適用で、お迎えや待機は承れません。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

しっかり活用させていただきました(笑)。

うーーーん、もっと以前だったらいくら宿泊者とはいえ、
まさか私がロールスロイスなんて!!!って遠慮してお願いできなかったハズなのに

なんだか最近はせっかくあるなら利用してみよっカナ?って
案外ハードル乗り越えられちゃうんだから…
そんな自分が今更ながらコワイです(笑)。。


予約はカテゴリー上2番目の「デラックスルーム」。
それが、3番目の「デラックスコーナールーム」にアップグレード!!
広さも54平米から一気に69平米に!

 はぁぁ ~ アリガトウゴザイマス!!!

ネルたちだいたいにおいて繁忙期を避けて泊まるときが多いせいか
宿のご好意でアップグレードしてもらうことが多いのだけど、
こんなラグジュアリーホテルの初宿泊でのアップグレードはホントに予想外。

重ねてお礼申し上げます♪


「デラックスコーナールーム」は各階の角部屋にあり、
アップグレードのおかげで客室は19階。
建物は24階建なので、客室階だけで考えるとかなりの高層階♪

扉から入ってすぐに、こんなホワイエ(廊下)がまっすぐ客室内に。
f0106938_229135.jpg

これで平米数稼いでる気もしなくないけどナ?
でも69平米の広さはちょっとした分譲マンションより贅沢に感じられる数字。


さらに左手に曲がって続くホワイエの先に
右手にバスルーム、左手にドレスルーム、突き当たりにベッドルーム。

バスルームはなんと…
予想外のビューバス仕様!
f0106938_229273.jpg
これも間違いなくアップグレードのおかげ♪

窓からの景色はビルだけど…。
とはいえ見えているのは外国人記者クラブ!(この辺がサスガ東京、銀座!!)

あーーでも自然光が降り注ぐバスルームって、
それだけで気持ちいい!

しかもバスタブから身を乗りだして左手を覗き込むと…

なんと“東京スカイツリービュー”に!!!
f0106938_2295022.jpg
人生初☆スカイツリーがバスタブからとは…


浴室全体は大理石基調、独立したシャワーブースに浴室テレビ、浴室電話、ダブルシンク。
ウン、間違いなく豪華です(笑)

左手にはドレスルーム。
f0106938_2301524.jpg
居室になったウォークインクロゼットに
ドレッサーがセットされた部屋っていえばいいのかな?

広さは4畳半よりもっとありそう。
ラジオやお天気パネル、ネイルドライヤー、まで備え付け。

客室は全面がハイトウィンドウの広々した造り。
f0106938_2304179.jpg

モダンでありながら外国人を意識した和の要素を取り入れた、
落ち着いたインテリア。

f0106938_231173.jpg
ベッドスプリングやリネン類、ソファの質感も高く、居心地はいい。

ベッド側の窓からは皇居外苑の緑が見渡せる。
f0106938_23135100.jpg

ウン、初めは「デラックスパークビュールーム」にしようか迷ったけど
これだけ緑が見えていれば十分十分♪

ソファ側からは丸の内のビル郡や、ここでもう一度“東京スカイツリービュー”!
f0106938_2334671.jpg
確か浅草方面にあるはずなのに、有楽町のホテルからこんなにはっきり見えるなんて。
やっぱりスカイツリー、相当な高さなのは間違いなさそう。

うーーん、間違いなく客室も設備もビューも豪華。
ロケーションも間違いナシ。

あれれ、でも、でも。
スタッフの、とくに50代以上と思われる日本人スタッフの中に、
あれれ???と思われる人が多数いるのが意外、…かなり意外!!

まったく笑顔がないうえに何か聞いても面倒くさそうな答え方とか、
ムスッとして一言もしゃべらないとか…。
やっ、こんな明らかにエッ?と何回も思ったのはこのクラスのホテルでは初めてのような。。

これは、多分…な勝手な想像なのだけど、
原発事故の影響で若手の中国系スタッフが大量帰国してしまって
急遽裏方の別部門の日本人スタッフが接客の現場に駆りだされたからなのかな?って。

アジア系外国人スタッフはたいがい笑顔だし、日本人スタッフも若手の方はにこやかなのだけど、
どうも年配の日本人スタッフになると投げやり感、というか
相手するのめんどくさいな~な雰囲気がすごくって。

もちろん常連さんや重得意さんには違うのだろうけどネ。

あっ、でも泊まる前に、色んな方の宿泊体験ブログで
チラチラそんな話は見聞きしていたので大丈夫~♪

その原発事故の余波で、恐らくホテル開業以来の底値で泊まっているネルたちとしては
特段気分を害するということもなく。

このホテル、もともとターゲットはネルたちみたいな地方の日本人観光客じゃなく、
お金持ちの外国人や東京で働くエグゼクティブ層のためにあるんだろうし。。

でもでもそんなホンネも、
もう少しスマートに隠してくれてたらカッコいいのになぁ(笑)~
[PR]
# by gaisyoku_calendar | 2011-07-14 02:34 | 旅先_東京・横浜の[が]

東08 クルーズクルーズ THE GINZA [東京・銀座]

梅雨空の合間を縫って、1年半ぶりに東京に行ってきました~

着いてすぐのランチは銀座で♪

今回はA氏とネル以外に誕生日のメンバーがいたので
大勢でも気兼ねなく、かといってあまりくだけすぎず、もちろん銀座プライスよりはカジュアル希望…
と選んだのが銀座5丁目に今年4月にオープンしたばかりの

イタリア料理店「クルーズクルーズ ザ ギンザ」のランチビュッフェ。

スパークリングワイン1杯付きで、おひとりさま2500円♪
銀座にしてはなかなかのチョイスじゃないでしょうか~


静岡を出た途中高速では大粒の雨だったのに、有楽町に入る頃にはあっけない快晴!ブラボー!!
運がいいのか、またこんなとこで運を使ってしまってるのか…

ヴァレーパーキングにマイカーを留めたら送りのクルマに乗り換えて、っと。。
f0106938_0552525.jpg

人生最初で最後のロールスロイスでしょう(笑)。
あっ、これは店の手配とかではなくて、今日の宿からの出発です。

f0106938_0554389.jpg
乗り心地は…意外と天井低いんだな、とか(笑)。

ホテルから店までほんの5分ほど。
本当の乗り心地は高速道路に乗ったあたりじゃないと分かりそうにないかも。

こんな素敵なサービスのあるペニンシュラさま、
ありがとうございます!


■クルーズクルーズ ザ ギンザ [イタリア料理]
東京都中央区銀座5-8-20 銀座コアビル7F
03-5568-8800

「クルーズクルーズ ザ ギンザ」は銀座4丁目交差点すぐ、銀座三越ななめ向かい。
銀座でもかなりの中心地といっていい場所に建つビルの7階。

350坪もある広い店内はルネサンス時代のフィレンツェの貴族邸宅をモチーフにしたものだそう。
フロアをほとんどこの店で占めているらしく、とにかく広い。
f0106938_0555512.jpg
落ち着きのあるアンティーク家具や調度品、正統派のワインクーラーやカトラリーの類など
瀟洒な空間はビュッフェらしからぬ雰囲気。

ホールを出た広い廊下のような空間に取り分ける料理が並べられていて
スパークリングワインで乾杯したあと慌しく席を立って料理をとりにいく。

ビュッフェといっても完全な食べ放題ではなく
自分で取りに行くのはイタリアン前菜と野菜ソムリエ監修の生野菜サラダ、ソフトドリンクバーのみ。

普通にサーブされるメインディッシュはお決まりで「ローストビーフの生七味添え」。
デザートは盛り合わせの5品からチョイス。
f0106938_056774.jpg
生野菜ビュッフェは色とりどりのスティック人参、カラフルなスライス蕪、
青パパイヤに生姜、生で食べられるというナスまで種類は豊富。

まっでも生野菜、ってことには変わりないので
一度食べたらおかわりまでする感じではないかな?

イタリアン前菜は一皿が超小ぶりなモノが多くて、いい素材使っていて味はおいしいんだけど
またこれ食べたい、って思える一品が見つからなかったナ。

でもいいのさ、いいのさ♪
実際この店の使われ方はゆっくり個人が食事するというよりは
広さと立地と内装の豪華さを存分に活かした結婚披露宴&各種パーティー需要がメインらしいし。

うんうん、確かにスタッフはレセプションからテーブル担当、野菜ソムリエさんまで
皆さん笑顔もあるし親切だし、目配りが届いている。

3~4種類あるパンはどれもおいしくて、
笑顔のスタッフさんがどんどん持ってきてくれるし。

なんとなくヒマを持て余してしまったネルが店内を散歩していると(それぐらい広い!)
テーブル担当の韓流アイドル系の男性がにっこり微笑みながら
「メインディッシュのご用意ができております」なんてわざわざ声かけに来てくれるぐらい。

 …あぁ、東京の人はこういうところで創立記念パーティーとか、新商品発表会とか、投資相談会とか、
  夜な夜なたくさんの男女が集ってるんだろうなぁ…(妄想…)

メインディッシュの
「香川県産オリーブ牛 ローストビーフの生七味添え」。
オリーブ牛とは小豆島特産のオリーブの絞りかすを加えて飼育した、香川のブランド黒毛和牛のことらしい。
f0106938_0572211.jpg

あっ、思ったよりしっとりなめらか。脂がないのにやわらかい。
赤身のフルーティーな感じがよく出てる。
うんうん、食べ進んでも飽きがこない。

しかもそこそこのボリュームあり♪
コレ重要(笑)。

添えられた生七味は、フツウにおいしい和のお惣菜、ってところかな。
や、いっしょに食べるとおいしいんだけどね。
でもこれぐらいのインパクトなら、ネルなら刺身醤油で食べたかったかナ。

チョイスしたデザートは「和三盆の拘りプリン」プレートと
「レアとベイクドチーズケーキのアッソラーレ」プレートで。
f0106938_0562717.jpg

スタッフさんが気をきかせて全員のプレートにキレイにお祝いメッセージを書いてくれた。

誕生日本人以外の皿にもメッセージを書くのって提案されたことなかったけど
うん、やってみるとこの場にいる全員でお祝いしてるよ~って雰囲気が盛り上がってなかなかイイ♪

プレートに添えられたベリーやメロンのフレッシュフルーツ、プチサイズのクッキーなど
単なる彩り、添え物じゃなくてきちんとおいしい。
こういうところがやっぱり、東京デスナ…。。。

お客さんはビジネスランチっぽい二人組もいたけど
だいたいは50代以上の観劇奥様チームかショッピングの合間に寄ったような母と娘のオトナ親子連れ。

ビュッフェと思って食べると食べたりない気持ちは残るけど
銀座のど真ん中でこの味と値段とボリューム、若いスタッフのきちんとした対応があるなら
選択肢のひとつとしてはアリなんじゃないかな。


はぁ~~、では。
帰りはホテルまで歩きますか!

<今日のお会計>
5000円・2名/ランチビュッフェ2500円×2  ※事前予約プラン利用

<店を出て>
ネル:★★★☆☆/銀座の真ん中で気軽にランチビュッフェ
   三越のななめ向かい、と言うことナシの好立地。ビュッフェなので落ち着いて、
   とはいかないけどグループで食の好みの違う人との食事ならこういう選択肢
   もあっていいかも。若いスタッフさんがきちんと笑顔なのも好印象。
   
A氏:★★★☆☆/男性にはヘルシーすぎるか?
   お肉と生七味おいしかった。けど前菜もう少し食べがいのある皿があれば
   良かったのになぁ。代わりにパンたくさん食べたからいいけど(笑)。
   でも銀座でこの値段で食事できるなんて、時代は変わったナ。
_
[PR]
# by gaisyoku_calendar | 2011-06-16 00:59 | 旅先_東京・横浜の[が]

077 手打ちそば 杉本 [沼津・駅北]

時間を覚え間違いしていたのか、
久しぶりの手打ち蕎麦に気分が高揚してしまっていたのか。

開店の20分以上も前に着いてしまった「手打ちそば 杉本」。

暖簾の掲げられていない入り口に戸惑っていると

洗濯物を干しに裏口から出てきたスタッフのおばさまに運よく見つけてもらい
「掃除終わってますので、どうぞ」と案内してもらえる。

 ふぅ、ヨカッタ~

それにしてもあそこまで怪訝な目で見なくても。
ちゃんと自分たちのほうが悪かった、とは思ってるんですヨ(笑)。

■手打ちそば 杉本 [蕎麦]
沼津市本田町4-35
055-921-8468
f0106938_2244685.jpg
それなりに財のある家系の住まいだったと推測される古民家風の造り。
和風庭園には筍の生えた竹林、ピンクが濃いツツジの大樹も。

靴を脱いで広いたたきの玄関をあがると
緑の庭園を存分にのぞめる広縁のテーブル席。隣には畳の座敷席。
f0106938_2253169.jpg
レトロなガラス照明、アンティークな壷や書画の装飾品、猫足ゴブラン織調の家具は
これぞ大正浪漫なモノばかり。

 あっ、これって
 沼津の御用邸イメージなのかな。。

蕎麦は石臼挽きの自家製粉、十割。

ネルの頼んだ 「おろしそば」1000円 は大盛で+200円。
f0106938_2263298.jpg
細めで端整。
キリッと角が立ってみずみずしい。十割らしい風情満点。

細切れに短くなったはしっこ部分が
底に敷いた水切りにそこそこ大量に挟まってるのはご愛嬌。

つゆは少し硬いかな。
静岡の甘めに慣れているせいかも。

別添えにしてくれた滑らかなおろし。
こちらもたっぷり、大盛りにしてくれてある。
ふふっ、ウレシイ。。。

あれっ、薬味でついてきた、天かす。

 あれれっ?コレ、おいしいや。

蕎麦食べに行って「ココの天かすおいしい」って思ったこと
今まであったかな?(笑)。

天もりにしたA氏のえび天を分けてもらい
食べてみる。

うーーーん、えび天はフツウにおいしい、かなぁ。

となると、やっぱり 天かすそのもの か
揚げ油がおいしいんだな。

風味が高いというか、香ばしいのギリギリ瀬戸際まで迫ってきながら
控えめにやさしくまとまってるというか。


子連れは気をつけて、このオーダーは最初にとか
これは自信があるとか好評だとか希少だとか
注意書きやら薀蓄系の書き物がやたら目に付いて気になるといえば気になるけど

眩いほど気持ちのいい、陽光輝く緑の庭園を眺めながら
天井の低い、昼日中でも薄暗い日本家屋のなかで畳の上で手繰る蕎麦は
これはこれでなかなかオツなもの。

板張りの床に柱、古いガラスの細工窓にまでピシッと掃除が行き届いて
アプローチの飛び石にしっかり打ち水されているのも気持ちがいい。

そうそう、蕎麦ってこういう舞台装置があるからおいしいんだよね…

いやいや、正確には
「キライになれない」んだよなぁ~~


<今日のお会計>
2700円・2名/天もりそば1500円、おろしそば・大盛1200円

<店を出て>
ネル:★★☆☆☆/建物の雰囲気が好き
   古民家の建物は手入れもセンスもいいと思う。あーでもちょっと
   マダム系寄りかな。蕎麦はみずみずしいのに肝心の水の味が
   伝わってこなかったのが物足りないかも。天かすオイシイ!
   
A氏:★★★☆☆/十割でのど越しのいい蕎麦
   十割にしてはつるっとしていて食感が良かった。
   天ぷらもおいしい。沼津の駅からは遠いけど、クルマならすぐだし、
   落ち着いて昼食べたいときにはまた来ると思う。
_
[PR]
# by gaisyoku_calendar | 2011-05-03 02:31 | 伊豆・東部の[が]
line

静岡在住30代・ネルの       静岡・京都・東京食べ歩き


by gaisyoku_calendar
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31