shizuoka 外食カレンダー

gaisyoku.exblog.jp ブログトップ

宿03-2  二回目のVIALA箱根翡翠 [箱根・仙石原]

3年前に泊まって以来、いつかもう一度…と思っていた
「VIALA箱根翡翠」。

なかなか同じ宿に再訪しないネルが3年も忘れないなんて、
相当に気に入っている証拠。

それがついに念願かなって再び訪れることができました♪

f0106938_0454911.jpg
■VIALA 箱根翡翠 [会員制温泉リゾートホテル]
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原837
0460-84-3300

前回泊まったのは専用露天風呂付きのデラックスルーム。
なかでも早川の見えるデッキテラスに露天風呂がついたタイプのデラックスルームが気に入って、
予約時にぜひ以前と同じタイプの部屋を、とリクエスト。

ただこの1階で早川ロケーションのデラックスルームは数が少なく、同カテゴリの中でも人気があるようで
予約時も「何とか押さえてみます」的なコメントだったので心配してたのですが…

当日アサインされてみると偶然なのか、
何とタイプはもちろん部屋番号まで前回とまったく同じ部屋!


 わぁーーー、ヨカッタ!

 安心したぁぁ…♪


一般的に部屋付きの露天風呂といっても建物内の窓から景色が見えるだけの半露天だったり
ベランダに無理やりポンと浴槽を置いただけ、みたいな風情に欠ける露天風呂も多いなか

箱根翡翠のこの専用露天風呂付きデラックスルームは高層階でなくきちんと地上1階。
f0106938_0464652.jpg

土と木のある専用庭と借景の緑をゆったり湯船に身を任せながら自然な目線で眺められる、
誰でもが想像する露天風呂らしい正統派の位置関係。

f0106938_0474627.jpg
湯船は大人二人でも余裕の広さ。
もちろん屋根があるので荒天時もOK。
しかも床暖房つきの洗い場は露天と繋がっていながら独立した機能的な造りで、箱根の厳しい寒さでもあったか快適。

f0106938_048664.jpg
そして一番大事な浴槽。
基本は石造りながら手や頭をもたせかける縁周りを幅広の木で囲い、冷たさや硬さを軽減。
付属の手すりや浴槽内のステップで安全安心にも配慮した設計。

もちろん料金を出せばもっとステキな部屋付き露天風呂は山ほどあるだろうけど
それでもホントこの部屋の露天、かなりイイ線いってると思う。

ただ湯船に引かれた温泉は加水されているし、湯温の調整には水を足すことになるので
更に温泉が薄まることになり温泉ファンの方には物足りないかも。


でもネルには十分、十分♪
もったいないぐらい♪

泉質は大浴場で箱根らしい、かすかな硫黄臭の白濁の湯をた~っぷり楽しめるもんね。


ウン、それに約64平米の部屋は相変わらず広々として気持ちいいし、清掃も行き届いて気分がいい。
f0106938_0483091.jpg
シックでシンプルなインテリアと間接照明がゆったりとリラックスに誘ってくれる。
お気に入りのシモンズのデイベッドもBOSEのスピーカーも、
変わらずいい状態でメンテナンスされているのがうれしい。

f0106938_0485578.jpg
引き戸で間仕切られたベッドルームからリビング越しに緑を眺められるのが、またいい気分♪
これも見えているのが他の部屋のようにホテル内の景色ではない故の開放感からなんだと思う。


それに忘れられないお気に入りが、
もうひとつ。

それは大浴場に続く、この木の廊下!

でこぼこと凹凸のある板張りの床はまっすぐすらっと伸びて、大浴場奥の休憩所までずずずいっと続いている。

f0106938_049193.jpg

湯上りに素足で歩けることの気持ちよさ、清々しさがいかにネルにとって大切か。
この箱根翡翠の廊下で開眼したといっても過言ではありません(笑)。

f0106938_0494781.jpg
「 楢の木を [なぐり彫り] に仕上げた床の感触をお楽しみいただけます」の言葉通り、
さらさらっとした踏み心地、旅路で疲れた足裏に気持ちいい凹凸に適度な堅さがあって、ここもほっこり床暖房完備。

もう、なんというパーフェクトな床なんだ(笑)!!


うーーん、この思い切りよく手間ヒマ&ランニングコストもかけた、さりげなく行き届いた快適さこそ
決して自宅ではマネできない、高級リゾートホテルならではの贅沢さだよな、、、
と唸らずにいられません。


ちなみに前回と違ったのはルームチャージが開業当初の1万6800円から
1万8900円に値上がりしていたこと。

あとはかなりハイセンスを目指していたに違いないショップが
温泉旅館によくあるマダム向けのピンク色ベースのおみやげ品が増えて
ぐぐっっと身近な雰囲気になっていたことぐらいかな(笑)。


この箱根翡翠も去年行った沖縄のカフーリゾートも、
どちらもオーナー制度で客室の分譲販売を前提としたシステム。

やっぱり経営が安定したところにこそ魅力的なハードもソフトも成立するとしかいえないのだろうけど
それしか正解はない、と言い切ってしまっては寂しい気も。

長いモノに巻かれるのはもう少し年取ってからにしたいしネ。

あぁ、そうはいっても箱根翡翠もカフーリゾートも、
また行きたくなっちゃうんだろうな。。。
[PR]
# by gaisyoku_calendar | 2012-03-09 00:51 | 旅先_箱根の[が]

宿14-2 伊豆の小さな宿_客室・朝食

遅くなりましたが続きを…


翌日も残念、雨模様。
硬いベッドで身体が痛くて、早朝5時過ぎに起床(笑)。
f0106938_017487.jpg

早朝からもう一度貸切風呂へ。

湯船から眺める薄靄の平らな丘は、やっぱり何だか心が落ち着く。
ここで朝富士がみられたらなぁ。。。

珍しくつけたテレビで朝のワイドショーを見ながら手持ち無沙汰の時間を過ごす。


 ふ~、やっと朝ごはんだ!!

f0106938_0172392.jpg

ロビーから見る眺めは激しい雨で靄がかって昨日以上に真っ白。

気温も上がらず石油ストーブに火が入っている。

f0106938_0173718.jpg

何とかテラスに出てみたいと覗いてみるも、雨粒の砕け散る音が聞こえそうなほどの大雨。

 ウン、仕方ない。。
 ここの眺めは次回、次回…

f0106938_0175265.jpg

ダイニングテーブルには朝食用のボウルやコーヒーカップがセット済み。

夜と違ってテラスから望む海と空と緑が
間近で眺められるのが気持ちいい。
f0106938_018435.jpg
朝食は洋食。
トーストにバターとジャム、トマトの乗ったグリーンサラダ。

それとスクランブルエッグにベーコン、マッシュポテト、温野菜。

これがフィンランドの陶器ブランド・アラビアの、
見たこともない大振りのスクエアプレートに載って出されてくる。


  うわ、このプレートに載ってるだけで
  普通の朝食が2ランクグレードアップして見えるよ!!


我が家もアラビアの24hブルーをほぼ毎日愛用中…
気づかずにはいられません!!

はしたないとは思いつつプレートを裏返して見ても、そこは素人の哀しさ、
どのシリーズの何という種類のプレートなのか皆目検討もつかず。。

テーブルに置かれゴトッ、と重くずしりと響く朝食使いにあるまじき迫力も、
その深いようでいて暖かいチョコレート色の、ざらっとしながらつるっとした?
独特の質感がなんとも目を逸らしがたい魅力。

 あぁ~、思い切ってオーナーに何のシリーズか聞けばよかったぁ。。。

f0106938_0181982.jpg

若草色のスープは枝豆のスープ。
熱々で濃い。
うん、ガリガリしたクルトンが効いてる。

どれも手作り感いっぱい。
ホント友人の別荘にお邪魔した3日目の軽めの朝食?って感じかな。

ネルもA氏もまだまだ食べれますよ、って顔してた(笑)。

f0106938_0182895.jpg

二匹のワンワンは元気いっぱい。
外に出られたら一緒に散歩してくれそうなぐらい尻尾を振って後を突いてくる。


 また今度、来るからね♪


チェックアウトは10時。
奥様のお見送りをいただきながら丘を海へ下って帰路に。


不思議な時間の流れている宿でした。

次はいつ行こうかな。
ウン、思いっきり晴れてる日がいいな!
[PR]
# by gaisyoku_calendar | 2012-01-18 00:19 | 旅先_伊豆の[が]

宿14-1 伊豆の小さな宿_館内・客室 [西伊豆・土肥]

やはり昨年の秋のことですが
いつか泊まってみたいナ、と思っていた西伊豆の小さな宿に行ってきました♪

…と
ここまではよかったのですが。。

ここ5年ほどほぼ完全無敗!を誇ってきたネルたちの旅のお天気。

ですが。

バケツをひっくり返したような、の形容詞そのままの超本気などしゃぶり大雨が
朝から晩まで旅行のあいだ丸二日中!!!


土肥の小高い丘の上に建つこの宿、
晴れていれば富士山はもちろん、駿河湾や南アルプスを一望できる大パノラマが自慢なのですが
それも大雨のため辺り一帯もやがかり見渡す限り真っ白。

 はぁ、残念。。。

それに加えて厳しい寒さ。
まだ11月だというのにダウンジャケットを羽織ってもまだ足りないくらい。


ウーン、でもね。
ま、ま、ここは気を取り直して!

これまでの見事な天気運に感謝しつつ
本日からまた5年先までの晴天を、先に総括したと思って。


 …ですよね!!

 … … … … … … … … … … … … … … … 

地元の人しか通らないだろう、クルマ一台がやっと通れるか細い里の道を
くねくねと曲がりくねって丘の上へ上へと登りながら、やっと到着。

オーナーの奥様に迎えられて館内へ。
f0106938_1542486.jpg
ロビーにはシュンシュンと湯気を立てる白いポットの乗った石油ストーブ。
チラチラと赤い火がゆらめき、その独特の甘いような懐かしい匂いが鼻にくすぐったい。

テラスの大きな窓に張り付いた白い水滴と、
その先に広がる分厚く薄暗い雲。

ロビーはまるで真冬の昼日中ような気配。

f0106938_1495897.jpg

  「 ホント、急に寒くなりましたね。

    急すぎて薪ストーブはまだ薪の用意ができてなくて… 」


いえいえ、石油ストーブもステキです♪

建物全体は地中海風と言ってしまって合っているのか、

ヨーロッパの天然石やタイル、白い漆喰や重量感のある無塗装の木といった
自然素材でどこも統一されている。

特徴的なアールのついた壁や柱、片流れの天井、石張りの床。
照明は小さなペンダントライトやフロアライトのみ。

インテリアはアンティークの雰囲気のあるアイアンや布、陶器や家具ばかり。
小さな雑貨や本がずっと前からそこにあったようにディスプレイされている。

f0106938_138272.jpg
たくさんある窓はどれも木枠のよう。
明り採りのごく小さな正方形だったり、フィックスのガラス窓は大きな横長、
テラスに続くのはパノラマサイズの超大型が何枚も。

借景にあわせた様々なサイズの窓で、
自由に外の自然と繋がっている。


 あぁ、晴れていればあの西伊豆の夕陽が
 最高のシチュエーションで見れただろうにナ…


ロビー探検もひと通り終了。

二匹いるマスコット犬のミックスとポインターともしっかり戯れて。
ものすごく人懐っこくてびっくり。
ちゃんと待て、ができるのがいじらしい♪


アールを描く白い漆喰と石の階段を上がって
二階のゲストルームへ。
f0106938_138405.jpg
ゲストルームは3部屋のみ。
今日の宿泊はネルたちだけ、と聞かされる。

もともと別荘感覚でゆっくり過ごすことがテーマの宿だけど、
宿泊者が自分たちだけなら、それはもう、なおのこと(喜)。


 ウン、今回は天気じゃなくてこっちの運だったかな…♪


通されたのは一番奥。
L字型でバルコニーが2つ付いた明るい部屋。
f0106938_1385477.jpg
ゲストルームも板張りの床に白い漆喰の壁。
窓ガラスは木枠のものとサッシを併用している場所も。

設備といえばごく小さなテレビにチェアとテーブルのセット。
それに木の台のベッドと学生用アパートのようなユニットバスがついている位かな。

どれも質素で控えめなモノばかりだけれど
質感が揃っているから雰囲気は十分でている。


白いデッキチェアの置かれた小さなバルコニーからは
伊豆の海が一望!
f0106938_139731.jpg

 夕陽が落ちたらきれいだろうなぁ。。

 あぁ~、これで天気さえ良かったら。。。


この宿、建物やインテリアはオーベルジュのような雰囲気だけれどジャンル的にはほぼ民宿。
ナイトウェアの準備はあるけど有料、ハブラシやタオル程度はアリ、ってくらい。

恐らく旅行サイト等にも一切登録していない気がする。
オーナーご夫婦の目の届く範囲で自由に、ゆとりを持って毎日を過ごしていきたい、
って雰囲気がそこかしこに漂っている。


別にある家族風呂は温泉ではない(残念!)のだけど
24時間いつでも貸切可能。

今回の宿泊者はネルたちだけだから…、
つまり今回の滞在中はオール貸切に♪
f0106938_1391971.jpg
このお風呂、浴槽の中に階段状の部分があって、実に入りやすい!
深すぎず浅すぎず、肩の下くらいの深さが浴槽の広さとバランスが取れてちょうどいい。。

それに偶然なのかもしれないけど、この浴槽の台形の形状が
外の景色を眺めるのに寄りかかってポジション取り?するのにやたら具合がいい。。

 ふーーー、落ち着くなぁ。。

大きな窓からは農道や棚田、山野草や手付かずの雑木林がずっと遠くまで見える。
近くには小さな丘や池が続く散歩道があるらしい。

 あれ、でも調子に乗ってずっと入ってたら、
 かなりぬるくなってきたぞ。。

といっても温度調節できるようなお湯の蛇口はなく、
がぼがぼと出続けている石の湯口に手を当ててみると
なるほど、コレはぬるいヨ(笑)!

今日の突然の寒さで湯温下がっちゃったのかな…。

もっと入っていたかけど、これ以上浸かっているとカゼ引きそうだし
かといってオーナーさんに湯温上げてほしいってお願いするのも気が引けるしな…
ってことで早々に入浴は終了。

部屋に戻ってもう一度完全防寒のダウンジャケット姿に着替え。
思い切って散歩に出てみるも、雨と寒さであえなく退散!

ひーーー!
ホントに寒いヨ!!


ドタバタしつつ迎えた夕食の時間。
f0106938_1395077.jpg
ロビーにいるのはもちろん、ネルたちとオーナーご夫婦だけ。

はじめは気が引けるかと思ったけど、何だろう。

先方もこういうシチュエーションに慣れているのか
そういった気まずさは最後まで感じないまま。

ゆっくりとディナーの時間がスタート。
f0106938_140383.jpg
夕食のメインは炭火焼。
ロビーのダイニングテーブルの中央に掘られた囲炉裏で
本物の炭火を囲みながらいただける。

まず先に小鉢がいくつかでてきて、地魚メインのお刺身も。
それにご飯とお味噌汁。

小鉢や薬味の器はどれも古伊万里らしい。
背が低くやさしい丸みがしっくり手に馴染む。

この器を最大限に活かしたテーブルコーディネートが、渋い。
空間に迷うことなくピタリと納まっている。

オーナーが趣味で集めてきた品々なのかな…

f0106938_1401717.jpg
食材は取り立てて豪華なモノはないし、ボリュームも正直少ない方に入るだろうけど
これはこれでアリな気が。

蝋燭と間接照明の薄闇のなか、顔に身体にガンガン迫ってくる本物の炭火の熱さで
あっという間に胸いっぱいになってきてしまうから(笑)。

あっ、でも海老のお刺身はホントとろっと甘くて最高だったナ…。


部屋に帰ったA氏、「もう一回何か食べたい、、」と小声で。
珍しくネルも素直に同意(笑)。

明日の朝ごはん、何かな~~
_
[PR]
# by gaisyoku_calendar | 2012-01-15 01:51 | 旅先_伊豆の[が]
line

静岡在住30代・ネルの       静岡・京都・東京食べ歩き


by gaisyoku_calendar
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30