shizuoka 外食カレンダー

gaisyoku.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

069 ホテルアソシア ディナーブッフェ [静岡・静岡駅前]

すこし雨模様の週末の夜。

人ごみで混雑したJR静岡駅の改札口を抜けたらあっという間、
ホテルアソシア静岡はすぐ目の前。

前回の中華「梨杏」のランチオーダーブッフェに続いて
今度は1階レストランのディナーブッフェ♪

念のためと予約の電話を入れたら、ナントその日はもう満席!
うわ人気なんだ~、あなどったぁ…

ってことで改めて一週間後の今日を予約して♪
ふふっ、楽しみ♪♪

■ホテルアソシア静岡 コーヒーショップ パーゴラ [ブッフェレストラン]
静岡市葵区黒金町56 ホテルアソシア静岡1F
054-254-4460

f0106938_4381237.jpg
年間を通して実施している食べ放題のディナーブッフェ、
今回は9/1~10/31の期間限定、テーマは 「その場でステーキ」。

ビアやワイン、カクテルにソフトドリンクの飲み放題が付いて
グリルし立てのステーキも食べ放題。

これで大人ひとり、税込4000円ちょうど!
ふつうの居酒屋の飲み放題プランと同じくらい。
それでホテルってことも考えると4000円も納得かな~

f0106938_4374025.jpg

受付で名前を伝えると、ピシッとタイをした男性スタッフさんが席へと案内してくれる。
通されたのは窓側の落ち着いたテーブル席。
やっぱり予約しといてヨカッタ♪

f0106938_4385660.jpg
天井が高く開放感のある店内はブースがいくつもに区切られ、カーペット敷の床が優雅。
照明はかなり控えめ。シンプルモダンなインテリアで落ち着いた大人の雰囲気。

飲み物のオーダー、まずはビアで♪
さっきの電車内、蒸し暑かったからな~
ノド乾いてマス!
f0106938_441160.jpg


飲み物充実してるなぁ。
メニューにはないけどコーヒーや紅茶のオーダーもOKだそう。

こういう不足なくサービスが充実してるあたり、やっぱりホテル。
スタッフの人数も多いし、グラスが空けばすぐオーダーをとりに来てくれるあたり心地いい~


ささ、お料理とりにいかなきゃ♪

料理は前菜、肉や魚のメインディッシュ、ピザやパスタの洋食メニューにカレーやうどん、
ケーキにフルーツまで思ってた以上に豊富でびっくり。

ブッフェコーナーは ええっ、こんなにあるんだって位料理が並ぶ。
全部で50種類以上はあるんじゃないかな??

f0106938_442249.jpg

前菜は「サーモンスモークの無花果添え」とか「海老とクリームチーズのカナッペ」とか、
キノコや野菜のサラダやマリネ、いやいやいやもっとたくさんあったのだけど

とにかく季節の魚や産地名のある野菜を使ったおいしそうなメニューがたくさん!
メニュー名を書いたカードをみるだけでもウキウキ☆

それにグラタン、ピザ、ポテトフライ、パスタにハンバーグの洋食系、
栗・さつまいも・かぼちゃを使った、秋の味覚いっぱいのデリ系お惣菜、
カレーや冷やしうどんも。

そしてメインディッシュはもちろん、アツアツの焼きたてビーフステーキ~♪

最近ブッフェもヘルシー流行りでなんか物足りない?気分になることが多かったから、
今日はA氏もヤル気満々(笑)

他にも「鴨胸肉のポワレ カシスソース」「サーモンステーキ レモン風味ソース」
「秋刀魚の香草焼き」なんてホテルらしいおいしそうなメニューも。

f0106938_4423294.jpg
ハイッ、ビアも届いてかんぱーい~♪
ふうっ、これくらい小さいグラスで飲みきるビアが一番おいしいナァ~


欲張って取りすぎのお皿…(恥)。。
f0106938_4424983.jpg

と思ったら、ナニソレ!

f0106938_443541.jpg
A氏のお皿、鴨肉とポテトとパンとバターが同じ皿に乗ってるって…
ステーキを前に一気に片付けようって、気合入りすぎじゃないデスカ???


目に付くメニューをひと通り食べたら、いよいよステーキ♪
f0106938_4445927.jpg
ステーキコーナーでロースターを前にしたシェフが、その場でグリル。
焼きあがったお肉一枚ごと食べやすい大きさにカットして、ひと皿づつ盛り付けてくれる。

ステーキソースは洋風オニオン・和風おろしポン酢・中華オイスターの3種類。
グリルした付け合わせのキノコもいっしょに、いただきます~

f0106938_5103872.jpg
わっ、洋風オニオンおいしい!
赤ワイン頼んじゃおっ♪

えっ、A氏もう二枚め行くの??
ウィスキーも頼むの?


 …アレ?ヘンだな、
 私、もうお腹いっぱいになってきた…
 これって前菜で興奮して飛ばしすぎたせい??

 っおかしいなぁ、昔は2巡は余裕で行ってたはずなのに。。
 年のせい?とは思いたくないけど(笑)

f0106938_4455239.jpg
デザートはムース系のケーキ5~6種類、ロールケーキ、パウンドケーキ、
ブレッドバタープリン、 冷たいジュレやムース、フルーツポンチにフレッシュフルーツ、
和風スイーツやぜんざいまで。

いくらお腹いっぱいでも、デザート食べないわけにはいきませぬ(笑)

f0106938_1303259.jpg
ケーキとりすぎちゃったかな。。
まっ2人分ですから♪

あっこのぜんざいのお餅、おいしい~

飲み物ははじめのビアにはじまって、カクテルいろいろ、ワイン、ウィスキーと十分堪能♪

食後はアイスコーヒーとアイスティー、
二杯目はホットに変えて、もう一度コーヒーと紅茶で〆て。
こういうワガママな飲み方?もブッフェならでは(笑)


ホテルを出たのは20時すぎ。
f0106938_4473020.jpg

この時間店内は満席の大盛況、どの人も予約で来てるような気配。
ブッフェコーナーもすごい人だかりで、ステーキ取るにも行列ができてたり。

早めの18時に入ってよかった~

ふーー、お肉も魚も、秋の味覚のこっくりした一品も。
久しぶりの目でも楽しめて、お腹いっぱい楽しめたブッフェ。

今度は大勢で行ってみたいな♪


<今日のお会計>
8000円・2名/ディナーブッフェ 大人4000円(税・サ込)×2

<店を出て>
ネル:★★★☆☆/ホテルのブッフェはやっぱり楽しい
   前菜もメイン料理も緩急があって種類がいっぱいだし、ドリンクの質も安定してるから
   どれもおいしくいただける。時間制限もないし、とくにお酒をたくさん飲みたい人なら
   ホントお得じゃないかな。広い店内はたくさん人がいても落ち着いた雰囲気なのもいい。

A氏:★★★☆☆/期待以上に良かった    
    こんなに混んでるの、行ってみたら納得。思った以上に料理の種類があって驚いた。
    途中でお腹いっぱいになってステーキ3枚しか食べられなかったのが心残り。
    はじめから酒とステーキ中心で食べとけばよかった…
_
[PR]
by gaisyoku_calendar | 2009-09-26 04:58 | 静岡街中の[が]

北10 とうきび&じゃが and 雪印スノーロイヤルスペシャル


市場鮨のあと、ホテルへ帰る前に立ち寄った大通り公園。

f0106938_1321970.jpg

うわーー広い、いい天気!
空も緑もキレイで気持ちいい~

遠くに見えるのは有名なテレビ塔。
すぐ近くにはあの時計台も。

f0106938_1324486.jpg

噴水を中心に人が集まる、芝生の続く公園。

意外にビルの多い札幌。
人口や都会としての規模は静岡より遥かに大きいだろうし、
何日か滞在してみて、北海道の中心としての誇り?みたいなモノも随所で感じる。

あれ、遠くの小さいオレンジの、屋台だよね??
f0106938_133789.jpg


f0106938_1333167.jpg

あーー、これが有名な大通公園のトウモロコシか~

辺りをよく見回すと全く同じ外観、同じ制服のスタッフで
ポツンポツンと何店かが店を開けている。

たぶん行政の許可で出してる店なんだろうな。

f0106938_1334963.jpg
トウモロコシ収穫の時期にはまだ早く、冷凍モノみたいだけど
地物なことに変わりはナシ。

せっかくなのでジャガイモもついた
「とうもろこしセット」300円を購入~

f0106938_1341222.jpg
アツアツのジャガイモとトウモロコシ。
バターと塩もついてくる。

噴水前のベンチに座って、プラスチックスプーンで悪戦苦闘~
このスプーンでごろごろ不安定に転がるじゃがいもを食べるの、かなりムリがある(笑)。

f0106938_1344522.jpg
食べづらさでは負けてない(笑)、醤油味のトウモロコシ。
あとから汁がたれてきて手がベタベタに。

手を拭くティッシュかなにかありませんか?と屋台のおばちゃんにヘルプをもとめると
水道で手を洗え、と一撃却下。

 うわ~ん、冷たくないですか~~?? 
 まっでも、しょうがないか…ハァ。。


ふ~~、とにかく

「大通公園で トウモロコシを食べる」

タスクは無事完了♪
札幌気分味わえたから、お味はともかく満足満足♪


ランチにスープカリーを食べ札幌に別れを告げ、
一路千歳空港へ。

フライト手続きが済んで、出発まで30分弱。
とんでもなく広い千歳空港の中をぐるっと見て回る。

f0106938_1354861.jpg

うーーーーん、とにかくどこに行ってもみやげ物店のオンパレード。

生キャラメルでもお菓子でも海産物でも、同じ商品の店があちこちに何店も何店も、
正直うんざりさせられるほど!物販命!って勢いで並んでる。


そんななか、どうしても気になってたものがひとつ。
雪印パーラーオリジナルのアイスクリーム

「スノーロイヤルスペシャル バニラアイスクリーム」

f0106938_136776.jpg

もう10年以上前、学生時代に舞鶴からフェリーで函館に乗り込んで
道内各地のユースホテルを巡っていたとき。

最終日に立ち寄った雪印パーラーで食べた、その余りのおいしさに衝撃を受けて以来
ずっと忘れられずにいた味。


現在に至るまでいろんなことがあって雪印の会社はなくなってしまったけど、
なんとか残っていた雪印ブランド。


でも思い出の味を食べるのは、
楽しみのような、怖くもあるような。


札幌の街で雪印パーラーの路面店を見かけても
もしかしてガッカリしてしまうのが怖くて、どうしても入る気になれなかった。

でも、最後のチャンスは、今しかない…

他の人気商品とはちがい、人通りの少ない小さな売り場にあった
「スノーロイヤルスペシャル バニラアイスクリーム」180mlカップ385円。


 ええい、買ってしまえ!!!


f0106938_1364268.jpg

久しぶりのご対面を果したスノーロイヤルスペシャル。
キラキラと新雪のような純白に輝いている。


 ・・・ひとくち、

 うわぁぁ、、おいしーーーー(涙)。。。


ひとことで言えば、ものすごくおいしい超高級ショートケーキの生クリームの
エッセンスだけを、そのままアイスクリームにした味(?)。

コクがあってクリーミーで、乳脂肪分16%の威力がこれでもか!! 
と感じられる濃厚さ。

卵を使っていないのでその輝く白さと滑らかさは究極。

ふんわりふわっと甘さの余韻が残る、口解けの良さも魅力的。

昭和43年に皇室献上用に開発販売された当時は、これほどリッチな甘さが
理想の味だったんだろうな・・・。


ただ今ドキの 甘さ控えめがおいしい、の時代感覚にはかなり逆行。
甘いものや生クリーム系が苦手な人には相当苦しいかも。。

最近ではハーゲンダッツも乳脂肪分17%とかのフレーバーを出しているけど
これほどストレートには感じさせない、もっと上品な完成度がある。


でもそれくらいに強烈なインパクト、
柔らかな甘さの波動が脳の奥まで包み込む甘美なワンダーランド??な世界(笑)。


あーーー 良かった、
食べておいて。。。

やっぱりホントにおいしいものは、時代が変わっても経験値が増えても
おいしいままなんだぁ。。。


実は姉妹品の甘さ控えめな「エクセレンス」もあって、こちらの方が今風の
素直なおいしさなんだけど、残念ながら180mlカップは販売ナシ。

くぅ、今度来たら雪印パーラーの喫茶で食べてやる!



はーー、そんな感じで 2泊9食☆札幌グルメ旅 は無事終了~

次北海道行きがあったら、もっと自然のある地域に行ってみたいなぁ。
旭山動物園もいつかは行ってみたい♪

静岡空港もどんどんいい空港になってくように、応援していきたいし。

今度は福岡?沖縄?石川? どこ行こうかな~♪


_
[PR]
by gaisyoku_calendar | 2009-09-06 13:21 | 旅先_札幌の[が]

北9 イエロー [スープカレー 札幌・すすきの]

市場鮨での朝食を終えた、あと。

静岡へのフライトは午後便。
千歳空港には13時過ぎ札幌発の列車で向かえば余裕で間に合う計算。

ロイズでおみやげ買うとか、大通公園を散歩するとか、
最終日午前中のスケジュールが意外なほどスムーズに進んでしまって
余裕のできた約2時間。うーーーん・・・

じゃあ、ってことで急遽予定変更!

向かったのは滞在最後の食事、
これまた札幌名物 スープカレー~~♪♪♪

最終日のランチは時間ないから空港内になっちゃうかも、って
あきらめてたんだよね(喜)

今回の旅行では食べる予定のなかった、スープカレー。
選んだのはホテルから歩ける距離ってことでチョイスした店。
f0106938_435451.jpg
■soup curry yellowスープカリーイエロー [スープカリー]
札幌市中央区南3条西1-12−19 
011-242-7333

ココでいいのかなって不安になるようなビル1階。

奥まった扉をくぐるなりアレ、
この薄暗さ、サイケカラーの照明、赤と黒の壁…
f0106938_436944.jpg
ターンテーブル?DJブース??
山盛りのフライヤーにたくさんの洋書や雑誌、何台ものクラシックMac。

ここって夜はクラブなのかなぁ。。

うーーん、まっ、いっか。そういうこまかいことは。
札幌最後の食事だもんね♪

奥のテーブル席についてもやっぱりクラブっぽい。
テーブルの上にはラミネートされた名刺サイズのメニューがズラリ。

さすが専門店、グランドメニューから旬素材の期間限定カレーまで
けっこう種類があって選ぶのがたいへん。
f0106938_4301429.jpg

散々迷った末、女性一番人気という「チキン野菜カリー」、
厚いベーコンがウリの「ベーコンステーキカリー」に決定。

選べる辛さは、全く辛くない1番から激辛の上を行く6番まで。

チキン野菜には[家庭用ルーカレーの辛口程度]の2番、
ベーコンステーキは[辛さに自信のある方向け]の3番をセレクト。

いきなりどーーーん!、深鉢の大皿でやってきた
チキン野菜のスープカリー。
f0106938_4303970.jpg

サラサラのスープに具材たっぷり。
チキンレッグ、オクラ、ブロッコリー、かぼちゃ、じゃがいも、
人参、ピーマン、茄子、レンコン、鶉卵 とフルラインナップ。

うわ、野菜、立派だ・・・

ひと目見て野菜の大きさ、形やハリ具合がぜんぜん違う。
オクラなんてさっきまで土に生えてたような力強さが漲ってる。

さすが、北海道。。。

薄黄色のターメリックライスが別添え。
このライス、玄米や丸麦押麦なんかの入った八穀米にターメリック(秋ウコン)を加えて
電解水で炊いてるそう。


スプーンでライスをすくって、少しスープにひたして。

・・・このスープ、なんだろう??
カレーベースのダシにハーブっぽい爽やかさが加わってる。
表面に散ってるのは焦がしバジルかな。

複雑な味なのにすんなりまとまって
コクがあるし、食べやすい。

茄子やかぼちゃは素揚げされていて、
薄切りなのに存在感バツグンの歯ごたえ。
オクラはガシっと噛みしめられるほど鮮度バッチリ。

うーーん、もういつものカレーとは全く別の食べ物。
なんとも言えない初体験のおいしさ。
f0106938_4311264.jpg
チキンレッグも上品な旨味。
中華街のおいしい蒸し鶏みたいにいい味でてる。

このスープ、ほんとおいしいなぁ。。。

八穀米ライスのつぶつぶした感じにちょうどよく絡まって、
添えられたレモンを絞ると更においしさが引き立つ。
レモンもうひとつおかわりしたいくらい。

あーー、人参だって、鮮度いいなぁ。
f0106938_4313132.jpg
甘いとかじゃなくてしっかり野菜らしい人参の味。
この繊維の細かさとかみずみずしさ、普段静岡で買うのものとは段違い。

ベーコンステーキカリーだって負けてない。
f0106938_431507.jpg
具材はベーコンステーキ、キャベツ、ピーマン、じゃがいも、人参、茄子、レンコン、鶉卵。

うわっ、このベーコンの大きさ!
f0106938_4322171.jpg
アハ、すごい重い!!!
味はアッサリだけど、これだけ大きければ言うことナシ。


札幌名物なのに全然意識してなかったスープカリー。
灯台下暗しだったかも。。。

たまには滑り込み訪問もいいことあるな~♪


<今日のお会計>
1950円・2名/チキン野菜カリー 1000円、ベーコンステーキカリー950円
          ※平日ランチのカレー100円引適用
           
<店を出て>
ネル:★★★★☆/野菜たっぷりの初スープカリー
      期待していなかっただけに、完成度の高い創作性にびっくり。
      ゴロゴロたっぷり入った大きな野菜も北海道らしくてうれしい。
      普通のカレーとは全く違うオリジナルなさっぱりスープも好み♪   
    
A氏:★★★★☆/あれ?意外においしい
      実際食べた人からそうでもないよって聞いてたけど、いやいや
      かなりおいしかった。ベーコンもここまで大きいのが北海道サイズ
      なんだろうな。他店のスープカレーも食べてみたくなった。
_
[PR]
by gaisyoku_calendar | 2009-09-05 04:44 | 旅先_札幌の[が]

北8 鮨の魚政 [寿司 札幌・二十四軒]

いよいよ3日目、最終日の朝。

早朝6時起きで地下鉄を乗り継いで向かったのは、
道内各地の魚介や農産物が集まる 「札幌市中央卸売市場」。

その一角にある観光客向けストリートが通称 「場外市場」。

早朝から観光客向けの青果店や鮮魚店がずらっと店を開けていて、
メロン、アスパラガス、カニ、鮭やホッケといった北海道名物を並べている。

観光バスで次々やってくる団体さんや修学旅行生に
威勢よく売り込む店のオジさん、オバサンたち。


ある鮮魚店の店頭に立つお兄さん、「朝ゆでの活カニですよ!!!」
とこちらの通行を激しく邪魔しながらムリクリ試食をすすめてくる。

たしかに店先の発泡スチロールの中のカニ、
全身から湯気が立っている。

渋々足を止め、その場でさばいてくれた足の中身を口にすると
ハ?冷たい??

殻は湯気が立つほど熱いのに身は冷たい、なんてありえる??
茹で立てのカニってそういうものだっけ・・・


ハハハ…

いやいや、コレたぶん、冷凍モノを熱湯に通して
殻だけアツアツにして湯気立ててるんだなぁ。。。



ドン引きのネルの気配に気付いたのかどうか、A氏に狙いを定めたお兄さん

営業スマイル全開で「オトクですよ! オマケしますよ!」
としつこく食い下がっている。

まんざらでもない様子のA氏。
買いたそうにこちらの表情をうかがってくる。

あー、このヒトこうやっていろんなモノ買わされてきたんだなぁぁ。。(合掌)


北海道ではこんな観光地特有の通過儀礼(!?)にたくさん出会った。

あのあからさまな感じ、内地のヒトからガッツリ回収するぞ、って思いが強いのかなぁ。
それとももう少し年取れば、あれ位露骨に営業された方が楽しいのかな?

いずれにしろ静岡もこれぐらいのパワー見習ってもいいのかも(笑)。


目指したのは場外市場を抜けて一般道をズンズン進んだ先にポツンとある、
「丸果卸売センター」の建物。
f0106938_10322495.jpg

鮮魚や野菜、幹物に業務用雑貨など、さまざま仲卸が店を構える丸果センター。
観光客で賑わう場外市場とはまったく違って地元色満載。
地元の一般人でもふつうに買い物OKなよう。

そのずいっと通路の奥にある寿司店が早朝から昼まで営業の 「鮨の魚政」。
セリを終えた市場関係者や料理人の方がよく利用してるそう。

そうそう、最終日の朝食は朝からお・寿・司♪
7時で二人、予約ズミ~☆

f0106938_10325087.jpg
■鮨の魚政 [市場寿司]
札幌市中央区北12条西20 札幌中央卸売市場丸果センター1F
011-644-9914

店内はL字のカウンターのみ8席くらいとこじんまり。
f0106938_10332010.jpg

通された席の横にはホワイトボードに連日予約の名前がズラリ。
今日もこのあと団体さんが入るらしい。

目の前のショーケースには大ぶりの海の幸がいっぱい♪
f0106938_103423.jpg

f0106938_10362728.jpg
このホタテ、じゃがいものお団子?みたいにぽってりぶ厚い。
さすが~北海道!

この店、普通の寿司屋さんではあるものの基本時価はなし。
1カン付けで80円~400円。

メニューと定価の書いた伝票が渡されて、数を記入して注文する仕組み。

今日のおすすめは、と聞くと「貝のいいのがあるよ」とご主人。
・・・あぁ~やっぱり、、

「貝は得意じゃなくて、、」と正直に告げると微妙にテンション下がってる。。
コドモですみません…

じゃあとりあえず、とざっと好きなネタだけ伝票で注文して、
お腹の具合をみながらあとはお任せで追加することに。

さぁ~さてさて、食べますか♪♪

f0106938_10465947.jpg
イカが厚い、甘い、とろとろ~♪
やっぱりチェーン寿司とは全く違う(当たり前だけど)!

f0106938_1141082.jpg
いいタイミングでアオサのお味噌汁が出される。
ふーー、磯のいい香り~。

f0106938_1142869.jpg
f0106938_1161569.jpg
白身はソイだったような?赤身はマグロかな。
おいしかったのに名前がおぼろげ。。
f0106938_1165623.jpg

このホタテ!
これまた厚い、甘い!うーーん、THE北・海・道!!

握りはどれも小ぶり。
だいたいどれも煮切りが塗られていて、醤油差や小皿はなし。
いいペースでひょいひょい食べられる。

f0106938_1181445.jpg
アジ?サンマだったかな??
脂のりはしっかり、風味もいい♪おいし~

f0106938_11141380.jpg
南蛮えびもぷりぷり、甘々~。
やっぱりエビっておいしい~

f0106938_11143532.jpg
ウニ、こんなに薄い黄色ってはじめて?
新鮮だとこれぐらいの色なのかな??甘~

f0106938_1115669.jpg
懸案だった「ぼたんエビ」。卵と肝を一緒に。

あーー、そうそうぼたんエビはこの味とコクですよ!!
初日はうん?って感じだったから、これなら納得の味♪

f0106938_11152666.jpg
f0106938_11175371.jpg
f0106938_11201952.jpg
思い残しのないように、ハマチにタラバガニ、炙りサーモンも。
A氏もおまかせで何カンか食べてたみたい。

あまり長居する雰囲気でもないので、
ぱっとお会計。

入れ違いに一人、馴染みらしい若い男性が仕事明けなのか
「やっと終わったよ~」と言いながら入ってくる。

ご主人と奥さん二人でお出迎え。世間話に花が咲いている。
ふふっ、モーニング食べに来る喫茶店みたい。


それにしても。
北海道のお寿司って、シャリがふつうの白ゴハンに近い?ような。
酢飯な感じがほとんどしない水分量。素朴な存在感。

だからかな、ネタとの一体感が少ないような。。。
ここのお店もきちんと江戸前なのに、静岡のそれとはやっぱり違う。

ってそんなにお寿司たべてるわけでもないのによくは分からないけど、
静岡でいくつか食べたおいしい寿司とは重ならないな~

A氏には「どんだけ贅沢いうんだ…」って呆れられたケド(笑)
この辺は詳しい人に聞いてみたいなぁ。

まっ、二人で好きなものたくさん食べて5000円ちょっと。
うれしいな~♪

ふーー、朝から贅沢しちゃった~~♪


<今日のお会計>
5365円・2名/二人で24カン程度、アオサの味噌汁×2
           
<店を出て>
ネル:★★★☆☆/地元気分が味わえる市場寿司
    朝6時から昼までの営業なので、朝ごはんとして
    わざわざイベント的に出かけるのがまた楽しい。
    お任せだけで食べても旬が楽しめて良さそう。
 
A氏:★★★★☆/ネタがしっかり、値段もオトク
    観光客慣れしてるからそれほど緊張せず、居心地は悪くない。
    チェーン寿司もいいけど、やっぱりこういうきちんとした寿司も
    一度は食べておいた方がいいね。定価で手頃な値段もいい。
[PR]
by gaisyoku_calendar | 2009-09-02 11:10 | 旅先_札幌の[が]
line

静岡在住30代・ネルの       静岡・京都・東京食べ歩き


by gaisyoku_calendar
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30