shizuoka 外食カレンダー

gaisyoku.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

祇園祭03 宵山_水あずき&菊水鉾搭乗

目に付くまま、あてどなく山鉾を巡っていたネル。

暑い中そろそろ休憩を、と思ってたらグッドタイミング!
鯉山のすぐ近くの和菓子店に露店を発見~

■永楽屋 室町店
京都市中京区室町通蛸薬師上ル西側
075-255-6601

ここはちょっと変わっていて、漬物や珍味なども取り扱っている佃煮と和菓子の店。
四条河原町に本店があって、昔その茶席で休憩したことがあったっけ。

室町店は虫籠窓に格子窓、壁はべんがら色で、いかにも京町家らしい風情ある構え。
白地に永楽銭を黒字で染め付けた暖簾がかけられている。

中に入るとさすがにお客さんでごった返している。
f0106938_18405449.jpg
座れる茶席はなかったけど、祇園祭期間限定という「水あずき」250円をゲット♪。

f0106938_18423542.jpg
ゆるい水ようかんのなかに葛きりが入ったドリンクタイプの「水あずき」。
甘さ控えめで、意外にべたつかずにすっとのどを通り過ぎていく。
やっぱり京都に来たなら、オイシイもの食べないとね☆


でもでも、ふらふら歩くだけじゃなくて実はちゃんと狙いもあったんです。

詳しいことは分からないけど、30ほどある山鉾のなかには
「不老長寿」「縁結」「学業成就」といった神社みたいなご利益を持つものが存在するとか。

元来は八坂神社の疫病退散が起源の祭なのだけど、
せっかくならそんな身近なご利益にもあやかりたい!

ってことで目指したのが、室町通四条上ルの

f0106938_18432071.jpg
■菊水鉾_きくすいぼこ

車輪がついて上に人が乗る、いわゆる「鉾」スタイル。
菊の御紋に唐破風屋根を持つ豪華な鉾だ。
緑の榊がしゃわしゃわとはるか上空で揺れている。
f0106938_18573748.jpg

鉾の周囲は赤や金糸で刺繍された松竹梅に鶴、麒麟、獅子、狛犬が踊る前懸、胴懸。
厚いビニールでしっかり覆われているけど、やっぱり立派だ。
f0106938_18574965.jpg

ここのご利益は「不老長寿」。
A氏のご両親用にとさっそく粽を購入。
f0106938_1843543.jpg

ここでなんと意外にも、粽を買うと「一般搭乗OK」との情報が!
しかも粽ひとつで2人ともいけるというのだ。

山鉾には一般客を乗せて内部を見物させてくれる「一般搭乗システム」
があるのだが、これが実にまちまち。

一般搭乗だけで1000円、粽を買えば搭乗無料、一般搭乗自体していない…
などなど各山鉾によって全くのばらばら。
女性は一切搭乗できない鉾もある。

ネルもぜひ一般搭乗してみたかったけど、どの山鉾で、何時に、料金は…
等の情報が全く調べられなかったので諦めていたのだ。

それがなんて偶然っ♪
ご両親へ粽をお土産にしようと思った、ネルへのご褒美なのか??
f0106938_18434325.jpg
内部は案外に細い木の柱を組み合わせた造り。
他のお客さんと一緒に鉾への階段をずんずん進む。

鉾内で「落ちても一切責任とりません」的な注意書きを発見…。
ううーん、過去に足を踏み外した人っていたのだろうか。

いやいや、登りはじめると確かに高い。

鉾頭といわれる最上部までの高さは、なんと地上25m!
周囲のビルよりもちょっと高いぐらい。

人が乗れる鉾床の辺りまででも、約8m。
階段は隙間だらけのか細い踏み板。

やや高所恐怖症ぎみのネル。
行きはよいよい、帰りは………かな。。(汗)

f0106938_18441314.jpg
上りきった鉾床からの眺めはビルでいったら4階ぐらいかな。
歩く人の表情もはっきり読み取れない位の高さだ。

なんかもう、すぐに気がすんじゃいました。。ハハ。。。
帰りは、ヒーーー、やっぱり怖い!!

はんぱなく階段がスカスカで、スニーカーの足元もおぼつかない。
荷物を全て一つにまとめて、両手でがっちり手すりを持って
そろりそろりと一段ずつ。。

降り切ってほっとしたのもつかの間、なんと目の前に今まさに登ろうとしている
舞妓さん2名と置屋のお母さんが!

桃割れの日本髪に白地に紺の涼しい浴衣。
目線があってもまったく動かない。、というか動かさない。
これぞ本物の舞妓さんの証明だ~!!

たっぷり2秒間見つめ合って静止したあと、ネルが上り口を塞いで
いたことに気づいて後ずさる。
f0106938_18444313.jpg
何事もなかったように登り始める2舞妓さん+お母さん。

あ~びっくりした。。
こんな人出が多い時間にも外出できるんだね。

にしてもネルって日中の舞妓さんとの遭遇率高いなあ☆
ほぼ来るたびに一回以上は会ってるかも。
会えるとなんか得した気分になるんだよね~。

ネルをよそに順調に集印をゲットするA氏。
むむっ、この持久力と集中力、ネルにはとんとないな~感心感心(笑)。
_
[PR]
by gaisyoku_calendar | 2008-07-22 18:45 | 旅先_京都の[が]

祇園祭02  宵山_昼 山鉾めぐり

祇園祭の山鉾巡行は毎年7月17日と決まっていて、前日の16日は「宵山」、
15日は「宵々山」、14日は「宵々々山」 と呼ばれたりもしてるとか。

ネルたちは16・17日のメインで京都入り。
f0106938_1794298.jpg
さっそく東西に走るメインストリート四条通と御池通のあいだ、
中京区のメイン街へと繰り出してみる。

京都繁華街のど真ん中、静岡でいえば呉服町や紺屋町、青葉通りの路地のあちこちに
ビルの背丈ほどもある立派な山や鉾、名前の染め抜かれた提灯が設置され
屋台や出店が筋の両脇にずらりと並んでいる。
f0106938_16382131.jpg
碁盤の目といわれるほど、ぴしっと直角に筋が交差する京都の中心部。
路地は狭くて、センターラインのない道路も営業車やタクシーがばんばん通り過ぎていく。
そんな道いっぱいに広がった山や鉾。
f0106938_16384450.jpg
どうやら明日の山鉾巡行までは、組み立て前のパーツを公開するのが慣わしらしい。
ゴブラン織りの絨毯、豪奢な刺繍布、弁慶・義経の人形、金銀の彫刻、
色とりどりの花鳥画など、山鉾にかついで乗せるお宝が各所にいっぱい。

つまり17日になるまで、完成した山鉾の姿は見られないよう。
そうなんだ、それは知らなかったなぁ。
f0106938_16385948.jpg
道を歩けば、ぐるりと見渡せる距離にあっちにも、こっちにも。
各町内会の提灯や立て札があって、ほれ見ろ、すごいだろ、って感じで誘ってくる。

この山やら鉾やらは30近くあって、どうやらどれもその地域の町内会が運営している感じ。
どの山鉾にも近くに必ず町会所のようなブースがあって、関係者が詰めている。

出店では厄除けの「粽 ちまき」や手拭、せんす、うちわ、Tシャツ、お守りなど
様々なグッズを販売。
どうやら町内会でこれを資金に山鉾を管理、修繕しているらしい。

なるほど、静岡では行政主導の祭りしか見たことないけどここは全く様子が違うよう。
第一首からIDカードを下げた人が、報道関係者しか見かけない。
それだけでも京都の町衆の力を感じてしまう。

真っ先に目に飛び込んできたたのは 
■黒主山
f0106938_16391788.jpg

f0106938_16393761.jpg
風情ある駒方提灯がずず、ずいっと見上げるように並んでいる。
ここでは黒と赤のモダンなうちわ500円を購入。
男物と女物ときちんと分かれていて、このへん京都らしくて好きかも。


そして■鯉山

町会所は細い路地の奥にある
f0106938_16395115.jpg

f0106938_1640178.jpg
導かれるまま中に進むと、広い座敷にご神体になる巨大な鯉の彫刻やら
金銀きらきらの絨毯やらが飾られている。
順路に沿って粽やグッズも販売中。


頭と腕でつながる2つの人形が迫力の■浄妙山
f0106938_16412344.jpg
町会所の説明係rしきおじさんが、誇らしげに人形のいわれを教えてくれる。
f0106938_16424415.jpg
「人形はぐりっとねじ込んでね、つなげるんだよ」
「明日6時半に来れば、組み立ててるところも見れるよ」


そっか、当日の朝みんなで組み立ててるんだね。
来ると分かることって、いっぱいあるなぁぁ。

ふと気づけば、A氏はもっぱら「御集印コレクション」にご執心。
f0106938_1710253.jpg
各山鉾の町会所には趣向をこらしたオリジナル図柄の朱印や黒印が置いてあって、
祇園祭期間中しか捺印できない貴重なものらしい。

ネルが買った 京都・河原書店刊のガイドブック「京都 祇園祭手帳」
は集印帳も兼ねていて、知らぬ間にA氏、集印に必死になってたのだ。

スタンプラリーみたいな集印、コンプリートするとご利益があるとかは…
まったくなさそう(笑)。

それでも何も疑うことなく精力的に押印しまくるA氏。
このノリの良さがA氏とネルの違いなんだよな…。。
[PR]
by gaisyoku_calendar | 2008-07-22 16:32 | 旅先_京都の[が]

祇園祭01  初☆祇園祭りへ、いざ出発

春以来の京都。
ここのところ昨年の春秋、今年の春と、かなり連続しての京都詣で。

なかでも今回は格別。
ついに、というかやっと、初の「祇園祭」へ出かけるのです!!

大通りの真ん中で山鉾といわれる超国宝級の山車を引き回す、
日本三大祭のひとつ。
京都の夏本番を告げる、一ヶ月間にも渡る超ビッグイベント。

何度も行った京都も、祇園祭りの時期はわざわざ避けていたネル。

祇園祭のメインイベント、宵山と山鉾巡行の4日間に土日が重なると、
40万人以上の人出となることもあったそう。
それって旧静岡市の人口と同じくらいじゃないの…!

それが今年はメイン4日間の14~17日が月・火・水・木とオール平日。
これは大チャ~ンス!!

とはいえこの時期シティホテルはどこも定価販売。

3ヶ月前から祭り価格のないリーズナブルなビジネスホテルで、なんとか宿を確保。
思い切って食事の予約も止めた。

これも資金をすべて祇園祭りに投入するためだ。
いやいや、猛暑のなか祭り見物なんて、ネルにできるんだろうか。

まあそうはいっても、すでに新幹線のなか。

初めて乗った東海道新幹線、11号車。
あれっ、荷物置き場が広いし、座席にハンドグリップらしきものがあるし。
それに車両全体がなんだかこざっぱりしてる。
f0106938_13501532.jpg
車掌さんは若い女性。
しかも何人かいた。
ふーん、何でも進化してるんだなぁ。

京都、暑いかな…。
[PR]
by gaisyoku_calendar | 2008-07-22 13:51 | 旅先_京都の[が]

いっぷくvol.4_清水七夕まつり

何十年かぶりに出かけた清水の夏祭り、「清水七夕まつり」。
JR清水駅を降りたらそこそこの混雑。
人並みにの流れに続いて商店街のアーケードの中へ。

■清水七夕まつり
平成20年:7/4(金)~7(月)
JR清水駅下車すぐ

アーケードのある駅前銀座のなかは、浴衣姿のカップルや家族連れで大賑わい。
こんなに賑わってたんだ… 知らなかったなぁすごい人出だ。
懐かしい金魚すくいやお面の屋台も並んでいる。
f0106938_1139378.jpg
竹飾りは丸い玉に吹き流しのような長い紙が垂れ下がった「くす玉飾り」や
紙の花で動物やキャラクターを形どった「仕掛け花飾り」が主流。
f0106938_1133132.jpg
ピンクや黄色や水色で色鮮やかな花飾りは、すごく豪華。
立体で丸々太ったジョーズ?があったり、真っ赤なポストみたいな信用金庫の
キャラクターがいたり。

何万羽の折鶴でできたカーテンもある。
良く見ると新聞のチラシでできてるよう。エコって感じでいいかも。

イ草のみでできてる、シンプルな飾りも発見。
手に取るとかすかにイ草の香がしたような。こんな落ち着いた飾りも好き。
f0106938_11333047.jpg

意外だったのが、ほとんど竹そのものが目立たないこと。
緑のすっとした竹がもっと見えてれば、天井がふさがってても涼やか雰囲気になりそう。。

久しぶりに来たというA氏。
どうやら竹飾りには全く興味なし。もっぱら目線はずらっと軒を並べる屋台に注がれる。
まあそういうネルも、通りすがりの女性の浴衣チェックに忙しい(笑)

ギャルっぽい子は大きな花飾りをつけた巻髪ダウンヘアが主流。
帯飾りもレースやキラキラ系のアクセをつけて可愛らしく。
こうやって気合い入れるの、ネルもやってたはずなんだよね。

紺地、白地、水色と浴衣を3つも持ってるネルだけど、残念ながら自分で着付けられず…。
いずれは自分でさっと着れるようになりたいなあ。

屋台専門のA氏、狙いはネギたこ焼きに絞ったらしい。
駅前銀座が途切れる高架下でいったん作戦会議に。

と、目に止まったのが「車えびの鬼殻焼き」
え~こんなの売ってるんだ!
しかも100円!!
f0106938_113419.jpg
わ~これはオイシソウ…。。しかも香ばしい、いい香り♪
二人目を見合わせて意見が一致。
七夕まつり初の屋台フードを無事ご購入~☆
f0106938_11341550.jpg
手をべたべたにしながらアツアツの殻をむいて。
きちんと炭火焼きだから、香りがいい。自然塩も効いてる。
身が小さくてすぐ終わっちゃうけど、100円だから大満足♪

奥を覗き込むとどうやらこの屋台、というか出店はお魚屋さんらしい。
どうりでおいしい&安いはずだ。しかもお兄さんがなかなかのイケメン。(笑)
f0106938_1141014.jpg
ついでに氷の舟に浮いていたラムネとお茶のペットボトルもお買い上げ。
これも100円と130円。
いわゆる祭価格じゃない、フツーの値段なところがウレシイ。

魚屋さん近くの串揚げ居酒屋さんでは、とり唐揚げ串が一本100円。
A氏ふらふらと近寄り、たまらずゲット!
f0106938_1134559.jpg
さっきから見てると、全体的に出店の食べ物がリーズナブル。
安倍川花火や狩野川花火だとやたら高くてひるむけど、
ここの七夕まつりはカキ氷はだいたい200円、飲み物もどこも定価販売で気がラク。

商店街のなか、って立地もあると思うけどぶらぶら屋台目当てに歩くなら
こんなほうが楽しみが大きい。
子どものお小遣いだって、たくさん買えちゃうもんね♪
f0106938_11355623.jpg

A氏続けてぞくぞくと食べ物ゲット☆
ゲソ揚げ100円、ポテト100円、フランクフルト150円。
f0106938_11352190.jpg
プラス稲荷ときゅうり巻きパック200円。
ちょっとお高めネギたこ焼き500円。

負けじとネルはお持ち帰り用に(おそらく)久能産の葉ネギ、どっさり一束200円。
ついでに長ナスひと山4本200円。

A氏さらに、シメがほしいと再びのゲソ揚げ(笑)。

やーやー、良く買い&食べましたな♪
まあ、祭りといってもそれほど見続けられるモノがない、っていうのもあるんだけどね…。
大人向けの竹飾りって、なかなか見当たらない。

初心者向けには入り口に大きい立て看板で
・本日のイベントスケジュール とか
・竹飾りの由来&見どころポイント 出してみたり

JR出たあたりで
・会場全体マップを無料配布したり
(どうやらネルたち、清水銀座の存在がわからずとばして帰ってきてしまったらしい)
とかあったらもっと楽しめそう。

・竹飾りスタンプラリー
(各竹飾りに一文字隠し文字があって、全部制覇するとプレゼントありとか)
なんてあったら夢中になって鑑賞できそうだし。(笑)

実際はどこかでやってて、見逃したんだろうか?

屋台で食べに来たのか、祭りを見にきたのか良く分からないけど
ちょこっと休日足を伸ばすぐらいの気持ちならちょうどいい感じ。

広場でイスを使おうとしたら、たまたま向かいに座っていた見知らぬお父さんが
空いてるイスを無言でさっとこちらに移動させてくれたり。

清水の人ってこういうことけっこうしてくれる。
こんなアットホームな感じが清水のいいとこなんだろうな。
来年も七夕まつり、行ってみよ♪

<今日のお会計>
1780円・2人/車エビ鬼殻焼き100円×2、とり唐揚げ串100円×2
         ゲソ揚げ100円×2、ポテト100円、フランクフルト150円
         稲荷ときゅうり巻きパック200円、ネギたこ焼き500円
         ラムネ100円、ペットお茶130円

<今日のおみやげ>
400円/葉ネギ200円、長ナス200円
_
[PR]
by gaisyoku_calendar | 2008-07-06 11:26 | 草薙・清水の[が]
line

静岡在住30代・ネルの       静岡・京都・東京食べ歩き


by gaisyoku_calendar
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31