shizuoka 外食カレンダー

gaisyoku.exblog.jp ブログトップ

012 旬菜遊膳 あつみ  [静岡・鷹匠]

ここ数年静岡で最も予約の取りづらい店の一つの、「あつみ」。
木・金の夕方電話してもあえなく撃沈、今回やっと曜日をずらしての初訪問♪

f0106938_173856.jpg
■旬菜遊膳 あつみ [和食・割烹]
静岡市葵区鷹匠1-2-8
054-272-5100


新静岡センターから歩いて数分。
大きなガラスのはまった引き戸、提灯の灯り。
季節の生け花と品のいい店構えが出迎えてくれる。

店内はL字のカウンターと座敷が2つ。
6時過ぎの入店にもかかわらず、そこそこの賑わい。
客層は30代以上の女性やカップルが中心。


本日のおすすめを眺めつつも、気持ちは「コース 4200円」へ…。
予約時伝えてないのにどうかな~~、思い切って聞いてみると、なんとOK!
何となく申し訳なさも手伝って、鮑の磯焼きと国産和牛の炭焼きもメインに追加♪

先付は既に出ていたので、枝豆のすり流しからスタート。
具材は海老と、持つと重いぐらいのぽってりした白玉団子。
とろんと重めの口当たりで、ボリュームたっぷり。

静岡のお店ですり流しからスタートするコースって、あんまりないなぁ。
ふんふん。
お造里、八寸、焼物、揚物、温物と順調に。

お造里のあとで八寸がでてきたのはちょっと驚き。
ナルホド、この辺がこの店オリジナルの考え方なのかも。
6品位が品良く盛り付けられている。

メインの鮑の磯焼き、青海苔の風味がいい~。
片手以上ある鮑、涼しいワタの苦さで箸が進む。
f0106938_0502011.jpg

和牛の炭焼き、これが少なめなんだけど絶品!
さっくり爽やかに甘いお肉。周りはカリッと、焼き加減もピタッと決まってる。
もっと食べたかった~。。

あれから団体さん、女性二人連れも続々入ってきて、店内ほぼ満席。
にもかかわらず、どうやら20名近くの料理を一人で全てをこなしてる大将。

この大将、とにかく動きがめちゃくちゃ機敏!!
造里も焼きも揚げも、すべて大将一人で。ネルの見てる前でクルクルず~っと動きっぱなし。
しかもずっと笑顔。ただ目付きはスルドク、お客さんを観察してる。

お客さんに声をかけ挨拶し、スタッフに指示を出し、ついでに電話もとっちゃう大将。
手が空けばネルたちの席に配膳までしちゃう超人業!
このぐらいの内容を出す店で、料理人が一人ってほんと驚異的。

あれっ。何の気なしに見てると、帽子の横にピッと立った長楊枝。
これ大将のトレードマークなのかな。
なんかやんちゃな感じでカワイイけど(笑)。
f0106938_0512244.jpg

コースの〆はしらすご飯・味噌汁・香の物。
そして豆腐ブランマンジェのような和風デザート。

あ~~、ホントにお腹いっぱいだあぁ…。
ネルなら初夏を意識した、もう少し涼しめのコース構成でもよかったけどな。
f0106938_0584158.jpg
店内のインテリア、控えめで品良く居心地がいい。
落としぎみの照明、十分に奥行きのあるゆったりしたカウンター。
女性を意識したデザート&酒メニュー。

フツウにオーダーすれば、2名で1万円あれば十分満足できそう。
街中から離れた鷹匠という立地も雰囲気十分。
こんな店にさりげなく誘えたら、男性の株も上がる…カナ?


<今日のお会計>
15600円・2人/今月のコース×2名、鮑の磯焼き、国産和牛の炭焼き
          生ビール、焼酎、柚子カクテル×各1杯

<店を出て>
ネル:★★★☆☆/予約の入りづらい店、はまだまだ続きそう
    や~、ボリュームいっぱい過ぎたぁ。次はアラカルトにしよ。
    スタッフの方の細かな動き、笑顔、気遣いは静岡で間違いなくトップクラス。
    大将の動きも見てて楽しい♪人気店なのも深く納得。

A氏:★★★★☆/もう一度行きたくなる、貴重な和食店
    静岡では珍しくきちんと行き届いた、総合点の高い店。
    和食は量が少ない、と思ってる人にも満足してもらえるかな。
    予約が取りづらいのが難点か。
    
[PR]
by gaisyoku_calendar | 2006-05-23 00:53 | 静岡街中の[が]
line

静岡在住30代・ネルの       静岡・京都・東京食べ歩き


by gaisyoku_calendar
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31